MENU

“カッコイイ”にこだわるのは、目立たなければ情報は伝わらないから

仙台
株式会社UPTORY(アプトリー) 歌川 貴之氏
目の輝き、声、言葉、そのすべてにポジティブなエネルギーがあふれる歌川貴之(うたがわたかゆき)氏、31歳。仕事選びにおいて、失敗を2度経験し、「自分と同じように後悔している人を増やしたくない」と、独自のアイディアを盛り込んだ人材マッチング事業を2016年8月に立ち上げました。「“カッコイイ”こと、“目立つ”ことは大事だと思います。」と語る歌川代表。ビジネスの世界で生きていくためには、知ってもらわなければ何も始まらず、どんどん情報を発信して目立たないとダメと、自ら様々なことにチャレンジされています。その歌川社長に、2年目ながら急成長するUPTORY(アプトリー)の「UP(アップ)を目指すストーリー」やこれからの夢などを語っていただきました。

仕事イコール人生だからこそ、好きなことがしたい

ユニークなキャリアをお持ちと伺いましたが、これまでについて伺えますか?

新卒で自動車部品を作る工場に就職しましたが、同じ作業の繰り返しで仕事が楽しくありませんでした。一日のほとんどの時間が仕事で、仕事イコール人生、と思ったときに「好きなことを仕事にしたい」と思うようになりました。

当時、仕事のかたわら、音楽イベントを企画開催していたのが楽しくて、好きな音楽を仕事にしたいと思って東京に出ました。何のあてもありませんでしたが、音楽プロダクションでアーティストのマネージャーを務めることになりました。「お金はいらないから現場を経験させてください」と申し出ると、「おまえ、面白いな」と言われてボランティアで働き始めました。音楽業界に憧れる人は多く、ライバルもいましたが、最終的に正社員にしてもらえたのは、僕の本気、やる気が伝わったからだと思います。

アーティストのマネージャーの仕事は楽しかったのですが、休みなしの長時間労働で体調を崩してしまい、長くこの仕事を続けられるのか悩みました。当時、ライブに来る若いお客さんと話をして「仕事がつまらない」「ライブで一瞬でも仕事のつらさを忘れた」「ライブが終わった後、現実に戻りたくない」という声をたくさん聞きました。自分と同じように仕事選びに失敗して後悔している人がたくさんいると知って、その悩みを解決したいという思いで会社を立ち上げました。

もちろん、突然思いついたわけでありません。25歳のときに自分と同じ年のリブセンスの社長が史上最年少で東証一部に上場したニュースを聞いて、カッコイイなあと衝撃を受けました。それから、いつか起業したいという思いはずっと頭の片隅にあってスキルを磨いてきました。

生の声を聞いて集めた情報の量と質に自信

UPTORYの事業内容を教えてください。海外にも頻繁に行かれていると伺いました。

メインは、ネットを活用して求職者と求人者をベストパートナーとして結びつける人材マッチング事業です。それに伴って住居のマッチングや企業をPRする番組やホームページ、ブログの作成なども行っています。

今は、ベトナム人のITエンジニアに特化した人材のマッチング事業に着手していて、海外に行く機会が増えています。僕の出身は福島県会津若松市で、首都圏以上に空き家問題が深刻です。そこで需要と供給があれば、仕事がなくて困っている海外の勤勉な人と日本での仕事や住む場所をマッチングして、お互いの悩みを解消する仕組みを進めています。また、リスクヘッジとして海外にビジネスの拠点を作りたいというのもあります。

UPTORYの強みは何ですか?

職業情報の量と質に自信を持っています。社長の思いや理念、職場の雰囲気は求人票を見てもわからないので、そこが人材のミスマッチの原因になります。弊社のスタートは求人サイトの運営でした。他と違うことをしよう、と、求人を募集する企業の社長や社員にインタビューをしました。1時間かけて、これから就職する方の参考になるようにと、自分が求職者になったつもりで、求職者の目線で話を聞きました。それを求人サイトに文字だけでなく動画やポッドキャストの音声を載せて、生の声でリアルに伝えました。 また、求職者に対しても、書類だけでは本当のことがわからないので、対面したりスカイプを使って 直に話を聞きます。

話をすることで実態がわかり、メリットやデメリットを明確にできるんです。例えば、ある音楽スタジオが人気のないエリアにあるため求人を出しても人がこないという悩みがありました。そこで、空き時間はスタジオで練習ができる、働く時間を自分で調整できるというメリットを見つけて情報を発信したところ、1時間で3人の応募がありました。いい人材を集めるために情報発信は絶対必要ですし、情報の発信方法にも自信があります。マッチングの実績件数はまだ少ないですが、入社して自己都合で退職した例はひとつもありません。

どんどん情報を発信して目立っていきたい

出身地の福島県会津若松市で創業したのにはなにか思いがあるのでしょうか?

正直なところ、地元に特別な思いがあったわけではないのですが、会津若松市には自分と同じようなことをする人がいなかったので、目立つ、ビジネスになると思いました。福島民報新聞の連載コラムや、会津大学のキャリアアドバイザーを担当させていただくことになったのは、自分から情報発信したこともありますが、“目立った”からだと思います。

仙台の人材を会津に紹介したりすることもあり、会津若松市の人口が増えて活性化につながればうれしいです。

会津大学では、キャリアアドバイザーとしてどんなことを教えているのですか?

キャリアアドバイザーとは、やりたい仕事を見つけるお手伝いをする人です。やりたいことを仕事にしたいと考えている人もいますが、ほとんどの人はやりたいことが見えていません。そういう学生に対して、僕自身も定期的にやっている、キャリアプランを立てる明確な方法を教えます。紙に、自分のやりたいこと、やれることと、やるべきことを書き出して、その3つが重なるところに自分にぴったりの仕事が見えていきます。今の自分を把握しないとスタート地点に立てないので、その作業を通じて自分で気づくように、一緒に考えながらサポートしています。

お話をするなかで“目立つ”、“カッコイイ”というワードが何度か出てきましたが、仕事をする上で大事にしていることは?

“カッコイイ”こと、“目立つ”ことは大事だと思います。ビジネスの世界で生きていくためには、知ってもらわなければ何も始まらないので、どんどん情報を発信して目立たないとダメだと思っています。僕は人を採用する立場であり人材を見極める立場でもあるので、仕事をする上では自分を俯瞰して見て「歌川のような人材を採用したい」と認めてもらえるような自分になろうと思っています。心がけているのは、元気と素直な気持ちですね。

お話をしていてもすごいパワーを感じますが、元気の源は何ですか?

元気で上を目指そうと思えるのは、「仕事選びに後悔して欲しくない」という理念が明確にあるからです。解決したいことがあって起業し、起業したからこそエネルギーが沸いてきます。また、会社を立ち上げる際に、大手会社の社長のような素晴らしい経歴を持つ方々が理念に共感してくれて、利益がでるかどうかもわからない会社に出資をしてくださいました。その方々の期待に応えたい、恩返しがしたいという思いとプレッシャーと責任感があって、そのために自分は何ができるかといつも考えています。

⼈材のミスマッチをなくし、幸せを創りたい

これからどんな会社にしていきたいですか?

社内が生き生きとしていなければ、いいサービスを提供できないと思うので、社員を大事にする会社にしていきたいです。まだ社員は少なく、信頼できる外部のパートナーと業務提携をして取り組んでいることが多いですが、これからは新卒を採用してゼロから育てることに力を入れていきたいです。採用する人材は、スキルよりも人間性重視。仕事から逃げずに最後までやり抜く人、ウソをつかない素直な人、ポテンシャルがある人がいいですね。

将来のビジョンなどを教えてください。

事業をグローバルに広げていくことはもちろん、起業のきっかけでもある、上場企業になることが目標のひとつです。社名のUPTORY(アプトリー)は、UP(アップ)とSTORY(ストーリー)を組み合わせた造語ですし、まだまだ上を目指していきたいと思っています。

歌川社長個人の夢を教えてください。

今後もますます人材不足は広がると思います。求人紹介の情報やサイトがいくらあっても、今の教育だとミスマッチな人材しか送り出せないと思います。僕が死ぬまでにやりたい夢は、どんなカタチになるかわかりませんが、仕事の選び方を教えられるような教育の場をつくること。人材のミスマッチを減らす、仕事選びに後悔して悩む人をなくしたい。そして結果的にいい仕事を得て、人生が幸せになれればいいなと思います。

取材日:2018年1月30日 ライター:佐藤由紀子

株式会社UPTORY(アプトリー)

  • 代表者名:歌川貴之(うたがわたかゆき)
  • 設立年月日:2016年8月、2018年2月に社名変更
  • 資本金:700万円
  • 事業内容:
    ・国内/海外人材マッチング事業
     クリエイター(エンジニア/デザイナー)業務委託契約支援・代行
    ・インターネットメディア運営事業
     インタビュー求人サイト
    ・販売促進に伴う、コンテンツ制作
     ホームページ、ブログ制作
     インタビュー/ライティング/販促物の制作
  • 所在地:本社)〒965-0037福島県会津若松市中央1-5-29 B.Stepビル305
  • URL:http://uptory.jp/company
  • お問い合わせ:050-5318-3667
続きを読む