WEB・モバイル2022.12.21

「地域のために、お客さまのために何かをしたい」 全国に顧客を持つ美容サロン専門Web会社の次なる夢は、“ローカルビジネス”の展開

福岡
株式会社Liam(リアム) 代表取締役
Terao Mamoru
寺尾 衛

福岡市を拠点にホームページ制作、Webコンサルティングの事業を展開する「株式会社Liam(リアム)」の寺尾衛(てらお まもる)さん。以前、広告代理店や美容メーカーに勤めていた寺尾さんは、学生時代からの「メディアに関わる仕事をしたい」との思いを叶えるべく、美容サロンに特化したWebメディアを立ち上げ、同社の設立にいたりました。そんな寺尾さんは、「ローカルビジネス全体の集客や売り上げのお手伝いができる会社にしていきたい」と話します。その真意とは?メーカーから独立した経緯や、展望などと併せて伺いました。

美容メーカー勤務の経験を活かし、憧れのWebメディアを構築

これまでの職歴について教えていただけますか。

学生時代から何かメディアに関わる仕事をしたいと考えていて、本当は出版社に勤めたかったのですが、出身地である名古屋にはそのような企業がなく、紙媒体や求人を扱う広告代理店に就職しました。その会社は、どちらかというと個人主義で、自分としてはもっとチームワークでできる仕事がしたいと考え、自分に合った美容メーカーに転職しました。美顔器や化粧品などサロン向けの商品を扱う会社で、10年間勤務しました。
しかし、やはりメディアに関わることをやってみたいという思いが芽生え、在職中から自身でブログを立ち上げました。そのブログが広がりを見せ始めたことから、美容メーカーを退職し、大阪で美容サロンを対象としたWebメディアの事業を開始しました。

「好きな場所で仕事したい」 美容サロン激戦区の福岡で起業

なぜ福岡で起業されたのでしょうか。

Webやインターネットに関する事業は全国のどこでも発信できます。コロナ禍で急速にリモートワークや地方移住が進んでいく中、「どうせなら好きな場所で仕事をしたい」と、以前から関心があった福岡へ移住を決めました。福岡・天神地区は、国内有数の美容サロン激戦区で、会社員時代にも関わることが多かったのですが、商業地として活気にあふれ、市場として非常に魅力を感じていました。
仕事の拠点は福岡ですが、お客さまは国内のあらゆる地域にいらっしゃいます。口コミでは福岡や九州のお客さまが増えていますが、Web広告やインスタグラムから問い合わせがあり、今の時代はどこにいても、仕事ができると感じています。

Webのビジネスモデル構築までをサポート 営業経験活かし

会社設立までの経緯を教えていただけますか。

個人事業として1年間ほどメディア運営を続け、軌道に乗ったところで2021年7月、会社を設立しました。美容サロンはもちろんですが、いずれはローカルビジネスに領域を広げていきたいという思いから法人化しました。現在はエステや脱毛サロンなど美容系のWebメディアのほか、ホームページなどのWeb制作、Webを活用した集客コンサルティングを柱にしています。
自分が営業経験者というのもありますが、美容サロンのWeb制作では、ただ完成させるだけでなく、きちんとクライアントの売り上げに貢献し、収益を上げることのできるビジネスモデルを構築していきたいという思いがあります。

顧客に寄り添い、SNSの理解を促す 新たなニーズ開拓を目指す

美容サロンへのWeb提案で心がけていることを教えてください。

例えば、少しご年配のオーナーさんが個人で経営されている美容サロンの集客の場合、SNSなどは若いスタッフ任せになってしまっていることが多くあります。しかし、私たちの場合はオーナーさん自身にSNSを理解していただくことを前提としています。そうしないと、時代が変わって、プラットフォームが変わってしまうと理解できなくなってしまうからです。
その上で、ホームページやWeb広告など、クライアントに合わせたご提案をし、これまでとは違う層のお客さまを獲得できたり、リピート率が高まったり、といった結果を出していきたいと考えています。

コロナ禍で苦しむローカル企業も救いたい

会社をどのように発展させていきたいと思っていらっしゃいますか。

また、今は美容サロンに特化していますが、いずれは地域で店舗を持っている、飲食店や歯科医院、ジムなどの企業を対象としたローカルビジネスに発展していけたらと思っています。「地域振興」と言うと少し大げさですが、コロナ禍でローカルビジネスの経営者は非常に痛手を受けている現状があり、ぜひともそういうお店を支援したいと思っています。
さらに地方においては、集客に対してインターネットを活用する手段を用いていない経営者が、まだまだ多い印象があります。インターネットを活用すれば、地方であってももっとビジネスチャンスは広がるはずです。そのようなお客さまにアプローチしながら、集客や収益を上げていくお手伝いができればと考えています。

顧客の課題を理解し、「お客さまにとって良いものを作りたい」人を募集

どんな人材を採用したいとお考えですか。

まだ立ち上がったばかりの会社ですので、スタッフは自分を含めて3人ほどなのですが、制作については外部とチームを組んでおり、全体では10人弱で行っています。社員をたくさん採用したいというよりも、私と一緒に美容サロンのマーケティングを理解し、お客さまに提案ができるような人を求めています。特に、自分のようにディレクションを担える人材を採用したいと思っています。
美容関係のスキルの有無は関係ありません。ただ、年齢としては、例えば男性であればメンズ美容などに抵抗のない世代の人が好ましいですね。やはり、美容サロンを利用する人の気持ちが分からないと、クライアントの気持ちになって考えることができませんから。お客さまにとって良いものを作りたい、お客さまの問題解決の手助けをしたいという思いがある方であれば、問題ないと思います。
ニキビのある肌をきれいにしたいというユーザーは、実は「彼氏がほしいから」「婚活がしたいから」と、そういった理由で美容サロンを訪れるのです。そういったユーザーに、どういう言葉を投げかければ心に響くのか、ユーザーの目線、悩みの本質を、美容サロンの持っているサービスとどうつなげていくのか、それが私たちの仕事なのです。

Web制作だけの会社ではないということですね。

はい。ホームページを作ることは、ある意味、誰にでもできると思います。しかし、集客といった結果につなげることは、そう簡単なことではありません。だからこそ、お客さまと一緒になって、「どのような人たちに情報を届けたいのか」を、明確になるまで話し合っていく必要があります。そこまでこだわらなければ、収益にはつながらないのです。
SNSとの連動はもちろん、Googleマップの口コミを見た人がそこにあるアドレスにアクセスした時に、素敵なホームページがある…それがホームページの役割であると思っています。そのため、我が社でのホームページ制作料金はかなりの格安になっており、将来的には無料でもいいと思っているほどです。
今後は、いまホームページを持っていない、活用できていない経営者に対して、ホームページ制作というハードルをなるべく下げて、相談しやすい体制にしていく方針です。例えば、「この地域の美容サロンであれば、主なターゲットは50代以上にしたほうがいい」など、お店の特性や地域性を踏まえたマーケティングや集客方法といった、利益につながるコンサルティング全般をお手伝いしたいと思っています。

御社で働くためには、Webディレクターとしての経験はどのくらい必要でしょうか。

Web制作やSEO対策などに関する知識はあるとよいとは思いますが、かつての私のように自分のブログで何かを発信してきたという人でも構いません。私には起業した時から、大きな会社をつくりたいというよりも、「お客さまのために何かをしたい」という思いが強くあります。私と同じような思いを持っている方と一緒に仕事ができればと思っています。
基本的には、社員はフルリモートでの勤務にするつもりです。ただし、福岡市への勤務が可能であることは条件の一つ。普段はリモートでも構わないのですが、何かあれば一緒に集まって話し合うことができることが重要です。そのような組織をつくれたらと思っています。

取材日:2022年9月30日

株式会社Liam(リアム)

  • 代表者名:寺尾 衛
  • 設立年月:2021年7月
  • 資本金:100万円
  • 事業内容:WEBコンサルティング事業、ホームページ制作事業、WEBメディア運営事業
  • 所在地:〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡1F
  • URL:https://liaminc.jp/
  • お問い合わせ先:

日本中のクリエイターを応援するメディアクリエイターズステーションをフォロー!

TOP