映像2022.12.27

映画ソムリエ/東 紗友美の”もう試写った!” 第18回『Winny』

Vol.18
映画ソムリエ
Sayumi Higashi
東 紗友美

『Winny』

▶知らないでいるのは惜しい!インターネットの歴史を学べる度:100

世の中にとって自分が「出る杭」だと思っている人にオススメ!

 

インターネットがもたらした未来を知る私たち。
今とは違った日本の未来を想像せざるを得ない映画が誕生した。

この映画をある人はビジネス映画と、またある人は裁判映画と、またある人は伝記映画と語るかもしれない。そのどれも正しい。
だけれど、私はこの映画に対して”パラレルワールドモノ”の体感を味わった。

なぜならば、
もしも今この世界に金子勇氏が生きていたらー。
もしも「Winny」の裁判で彼が時間をとられていなかったらー。
もしも生前の彼が、能力をそのままに発揮できていたらー。

そんな「”もしも”の世界」が自分の脳内スクリーンに常に映し出されている2時間だからだ。
今、日本の経済状況は良いとはいえない。あらゆる物事が世界各国に抜かされつつある。現在の日本に彼の不在はあまりにも惜しいのだ。

映画と、見る人の頭の中。2つの世界が同時に進行する。
「彼が生きていたら今の日本は少しだけ、違ったのではないか」
このことをずっと考えてしまう時間。そういう意味で本作品は、映画の表現方法とは少し異なる意味でパラレルワールドのような体感があった。不思議な新鮮さがある。

世界を揺るがした、ネット史上最大の事件Winny。
これは、日本で起きた事件です。皆さんは知っていますか?
恥ずかしながら私はこの映画ではじめてこの事件について知りました。
今回、映画を堪能しつつ学ぶこともできて、よかったです。

31歳でブロックチェーンの先駆けたるP2P技術を実現し、34歳で京都府警に逮捕され、無罪を勝ち取るまでに7年の時間をかけ、その後、心臓の病で亡くなってしまった金子勇氏。
この映画はそんな天才が、なぜ日本の警察に潰されてしまったのかを逮捕・裁判の経緯を追いながら描き出します。
2018年に開催された「ホリエモン万博」の「CAMPFIRE映画祭」にてグランプリを受賞した作品で、キャストは東出昌大と三浦貴大のW主演となっています。

作品の感覚値としては日本アカデミー賞を受賞した『新聞記者』(2019)のようなテンションが近いかもしれない。静かながらも、とてもエネルギッシュな作品になっていて、これが本当に面白く観入ってしまう映画だった。

特に心に響いたのは、裁判シーン。監督たちは裁判資料7年分をすべて手に入れて読み込み、映画に必要な箇所をピックアップして、要約した。
さらに実際に金子勇氏の担当弁護士だった壇俊光氏自身(実際に法廷にいた当事者本人)が監修しているだけあって法廷シーンはとてもリアルなものに感じる。
まるで傍聴席にいるようです。
そして、この裁判シーンには金子氏と彼に関わってきた人たちのドラマが凝縮していて、淡々と進む印象の裁判シーンとは異なる印象を受ける。
一見無機質に見えるやり取りのその一挙一動すべてに、金子氏と彼の弁護士たちの築いてきた絆が垣間見える、ドラマティックな裁判シーンになっている。
そして、同時に授業のようにこのWinny事件について噛み砕いてくれ学び深い。

さらに私たちにも、日本社会特有の閉鎖的な異分子を排除しようとする価値観について考えさせる構成にもなっている。これがもう、見事すぎる。

Winny事件から約20年の年月が経過しようとしている。
裁判で最も伝えたかった金子氏の想いは、今の日本に届くのだろうか。

『Winny』
2023
310日(金) TOHOシネマズほか全国公開

 

 

監督・脚本:松本優作
出演:東出昌大 三浦貴大
皆川猿時 和田正人 木竜麻生 池田大
金子大地 阿部進之介 渋川清彦 田村泰二郎
渡辺いっけい / 吉田羊 吹越満
吉岡秀隆

企 画: 古橋智史 and pictures プロデューサー:伊藤主税 藤井宏二 金山
撮影・脚本:岸建太朗 照明:玉川直人 録音:伊藤裕規 ラインプロデューサー:中島裕作 助監督:杉岡知哉
衣裳:川本誠子 梶原夏帆 ヘアメイク:板垣実和 装飾:有村謙志 制作担当:今井尚道 原田博志 キャスティング:伊藤尚哉
編集:田巻源太 音響効果:岡瀬晶彦 音楽プロデューサー:田井モトヨシ 音楽:Teje×田井千里
制作プロダクション:Libertas 制作協力:and pictures 配給:KDDI ナカチカ 宣伝:ナカチカ FINOR
製作:映画「Winny」製作委員会(KDDI Libertas オールドブリッジスタジオ TIME ナカチカ ライツキューブ)
原 案: 朝日新聞 2020年3月8日記事 記者:渡辺淳基

2023 │ 127min │ color │ CinemaScope │ 5.1ch

(C)2023映画「Winny」製作委員会

公式HP:winny-movie.com
Instagram:winny_movie Twitter:@winny_movie
特報映像:https://www.youtube.com/watch?v=dzxGm30pY74

 

 

プロフィール
映画ソムリエ
東 紗友美
映画ソムリエ。女性誌(CLASSY、sweet、旅色他)他、連載多数。TV・ラジオ(文化放送)等での映画紹介や、不定期でTSUTAYAの棚展開も実施。 映画イベントに登壇する他、舞台挨拶のMCなどもつとめる。 映画ロケ地にまつわるトピックも得意分野で2021年GOTOトラベル主催の映画旅達人に選出される。 音声アプリVoicyで映画解説の配信中。

日本中のクリエイターを応援するメディアクリエイターズステーションをフォロー!

TOP