職種その他2020.07.01

#BlackLivesMatter アメリカの歴史が動いた日

Vol. 14
FIIND IT. LOVE IT.
Sayuri Fujii
藤井さゆり

2020年5月25日、ミネソタ州ミネアポリスで、黒人男性のジョージ・フロイドさんが、20ドルの偽札使用のため、職務質問をした白人警官に首を膝で圧迫され、死亡するという事件が起きました。ジョージ・フロイドさんは、首を圧迫されている間何度も「息ができない」と助けを求めたにも関わらず、警官はその行為を止めませんでした。

 

翌日よりミネアポリスで抗議デモが開始、翌々日には抗議運動が各地に拡大。のちに暴行を加えた白人警察は逮捕されましたが、抗議の中では、略奪や放火といった暴動を起こすものも。

 

ジョージ・フロイドの死と全米に広がる暴動

VICE Japan – YouTube

 

この事件に関して、アメリカと日本では感じ方が違うかもしれません。

 

アメリカでは歴史を変えるほどの事件であって、奴隷制度時代からの負の遺産「黒人に対する根深い人種差別」に焦点が当たっています。また、以前にも同じような事件が起きていることもあり、それによって人々の怒りや悲しみが増幅されて、このような事態になっているということもあります。

 

日本にも人種差別はあるとは思いますが、日本では、国として大きな問題として扱われていませんし、個人でも身近な問題とされていませんので、事件そのものよりも、抗議デモが暴動になっていることに焦点が当たっているような感じがします。「このパンデミックの中、抗議デモや暴動を起こす気が知れない」「秩序が守られていない」「略奪や放火をすることが理解できない」というネットでの日本語コメントを結構目にしました。

 

そう思うのもわかりますし、私も日本に住んでいたらそう思ったかもしれません。でも今は、アメリカに住んでいて、この問題を通して、リアルなアメリカを目撃しています。奴隷制度があった歴史があり、多様な人種が住んでいて、国として人種差別は大きな問題です。また、身近にアフリカ系アメリカ人の友人の家族もいますし、無関心ではいられないのです。

 

そうはいっても、私は日本人なので、奴隷制度時代からの歴史から現在でも続く人種差別について、アフリカ系アメリカ人の怒りや悲しみが100%は理解できないとは思います。

 

しかし、ジョージ・フロイドさんの事件は「白人警官という間違った正義を振りかざし、あのような形で人が容易に殺されてもいい世界があってはいけない」と思うのです。ジョージ・フロイドさんにも家族がいて、子供もいます。もし仮に「自分の家族がああいう形で殺されたら…?」と想像してみてください。彼の家族のことを思うと心が痛みます。

 

「黒人の命は20ドル?」 フロイドさん弟が議会証言

BBC News Japan – YouTube

 

日本人だから黒人差別に対する怒りや悲しみなんて理解できない、ということはありませんし、黒人だから、アメリカ人だからかわいそうだと思っているということでもありません。人としてやってはいけないこと、人の痛みがわかります。そこに人種は関係ありません。

 

警官の行った行為は絶対に許されるべきものではないですし、このような事件はもう見たくないし、人種差別は終わりにするべきだ、と心からそう思います。

 

今回の事件により、「アフリカ系アメリカ人に対する人種差別」が非常に根深いことが浮き彫りにされ、全世界に認知されることになりました。

 

今、アメリカ国内外で、黒人に対する人種差別の撤廃を求める人権運動である#BlackLivesMatter(ブラック・ライヴズ・マター)が高まっています。BlackLivesMatterは、2012年にフロリダ州で起きた当時17歳の黒人の少年が警官により射殺された「トレイボン・マーティン事件」から始まりました。

 

最近でも、ジョージア州でジョギング中の黒人男性が突然、白人親子に射殺されたにも関わらず、その親子が無実となっていた例や、ケンタッキー州では、白人警官が薬物事件のための家宅捜査という名目で黒人女性の自宅に深夜無断で侵入し、女性が警官により射殺されるという事件がありました。結果、女性に薬物所持の証拠はなく、射殺した警官も逮捕されていません。これ以外にも同様な事件が度々起こっています。

 

SNS上では、#BlackLivesMatterを使って、平和的に抗議デモを行っている様子も多く投稿されています。たくさんの人々が世界から差別がなくなるよう心から望んでいるということです。

 

Black Lives Matter Protests Around the World

Great Big Story – YouTube

 

抗議デモに参加しているのは黒人ばかりではありません。白人、アジア人、ヒスパニック、人種関係なく、人種差別の撤廃を求めています。

 

@alex.stemp

It will only get better with your help. Help me spread this message 🙏 ##blacklivesmatter @kennedy.shelby @milluhh415 @kaylaqwest

♬ Childish Gambino – This Is America / Post Malone – Congratulations – carneyval_

 

また、この事件を受けて、著名人や企業の反応について、SNS上での投稿、発言を取り上げてみます。

 

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by apple (@apple) on

Apple@apple – Instagram

 

アップルは、2020年6月22日に行われたコンファレンス(WWDC)の冒頭でも、ティム・クックCEOがこの事件と黒人への人種差別問題について言及しています。

 

WWDC 2020 Special Event Keynote — Apple

Apple – YouTube ※日本語字幕をオンにしてご覧ください。

 

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by Google (@google) on

Google@google – Instagram 

 

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by Amazon (@amazon) on

Amazon@amazon – Instagram

 

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by Facebook (@facebook) on

Facebook@facebook – Instagram

 

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by Instagram (@instagram) on

Instagram@instagram – Instagram

 

オバマ元大統領

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by Barack Obama (@barackobama) on

Barack Obama@barackobama – Instagram

 

ミッシェル・オバマ 元大統領夫人

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by Michelle Obama (@michelleobama) on

Michelle Obama@michellobama – Instagram

 

ビヨンセ

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by Beyoncé (@beyonce) on

Beyoncé@beyonce – Instagram

 

レディー・ガガ

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by Lady Gaga (@ladygaga) on

Lady Gaga@ladygaga – Instagram

 

ビリー・アイリッシュ

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by BILLIE EILISH (@billieeilish) on

BILLIE EILISH@billieeilish – Instagram

 

アリシア・キーズ

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by Alicia Keys (@aliciakeys) on

Alicia Keys@aliciakeys – Instagram

 

シェパード・フェアリー

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by Shepard Fairey (@obeygiant) on

Shepard Fairey@obeygiant – Instagram

 

KAWS

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by @kaws on

KAWS/ Brian Donnelly@kawz – Instagram

 

広がる抗議デモ、BlackLivesMatterの影響により、アメリカの歴史が動きました。アメリカの奴隷解放記念日である6月19日(June Ninteenthから、Juneteenth:ジューンティーンスと呼ばれます)を、来年よりこの日を正式な州の祝日とするように進めるとニューヨーク州知事が発表。多くの企業もジューンティーンスを有給の休日にすると発表しています。

 

辛いことが多くある中で、ポジティブなニュースです。グーグルのDoodleもJune Ninteenth用になり、この日をお祝いしました。

 

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by Google (@google) on

Google@google – Instagram 

 

 
 
 
View this post on Instagram

A post shared by Facebook (@facebook) on

Facebook@facebook – Instagram

 

今一度、私も自問したり、家族で話し合ってみたいと思います。

 

  • 人種差別をなくすにはどうしたらよいか。

 

  • 白人警官による黒人への殺人が繰り返されていること、そして、白人警官が罪に問われないというアメリカの社会構造の問題。

 

新型コロナウイルスが最大のインパクトですが、2020年は本当に変革の年です。引き続き健康に気をつけて、乗り越えていきたいですね。

プロフィール
FIIND IT. LOVE IT.
藤井さゆり
東京生まれ、2008年ニューヨークに移住。 公益法人に勤務の傍ら、仲間内で企画したクラブイベントのフライヤーデザインをしたことから、デザインの面白さに目覚め転職。 転職後は、都内商業施設のウェブサイトの販促用ページ企画と取材、ライティングを経験。 ニューヨーク移住後は、ウェブマーケティングを企業にて経験、ウェブデザインをフリーランスで行う。 現在は、日本の着物をインスパイアしたオリジナルTシャツブランド「Foxy Lilly」のオーナー兼デザイナーを務める。

日本中のクリエイターを応援するメディアクリエイターズステーションをフォロー!

TOP