映画「パパとムスメの7日間」11/17公開

東京
映画プロデューサー
【新作映画情報】 Vol.03
村田徹

日本生まれのベトナム育ち、涙と笑いに満ちたハートフル・ファミリーコメディ!

映画を観ながら、どこかで見たことがある話(タイトル)だな~と思っていたら、2007年に日本のテレビドラマで放送されていた「パパとムスメの7日間」(著:五十嵐貴久)のリメイク作品とのこと。
そう、舘ひろしと新垣結衣のコンビで作られた大ヒットドラマがベトナム映画となって帰ってきました!(懐かしい・・・)

本作の監督は、ベトナムやハリウッドで活躍されている落合賢監督(『太秦ライムライト』等)
今回は監督自らがプロデューサーに名を連ね、ベトナムで昨年末に公開されると、わずか5日間で50万人の動員を記録し、ハリウッドの大作を押さえる大ヒットとなりました。

主演のお二人は、ベトナムを代表する名優タイ・ホアさん(知らない・・・)、人気女優のケイティ・グエンさん(知らない・・・けど可愛い)、プロデューサーは、ベトナムのヒットメーカーといわれるチャーリー・グエンさん(知らない・・・)が参加しており、ヒットするべきしてヒットした作品のようです。

     

日系化粧品会社 DHCのベトナム支社で働くハイと、娘の女子高生チャウの物語。
父は、ユニークなアイディアを考えつくクリエイターだけど子供っぽくておっちょこちょい。
娘は真面目でしっかり者、才色兼備の優等生。
最愛の母を7年前に亡くし、対照的な二人は衝突することが多くなり、徐々に距離が出来てしまう。
そんな中、母の命日に起きた不思議な現象で、父と娘が入れ替わってしまう・・・。

このシチュエーション・・・当たり前ですが必ずトラブルが起きます(笑)
トラブルを克服する為にお互いが協力し合いますが、うまくいくはずはありません。
その辺りのエピソードがハチャメチャなコメディに活かされていて、日本版との違いになっているようです。

しかし、そんなやりとり中でお互いが相手の気持ちや考えを理解できるようになり・・・。
軽いタッチで、しっかりと親子の気持ちが通じ合うラストまでのテンポ感が心地よい、ハートフルムービーに仕上がっていると思います。

 

父と娘の関係性は、日本のドラマでも取り上げられることも多く、ベトナムにおいても普遍的なテーマのようです。

ベトナム含めて、東南アジアの映画業界は目覚ましい急成長を遂げています。
そんな勢いのあるベトナムで、日本人の落合賢監督が撮った本作は、アジアにおける日本人のクリエイティブの立ち位置を考えさせられる作品でもあったように思います。

 

『パパとムスメの7日間』
11/17(日)よりシネマート新宿ほかにて公開

CAST:タイ・ホア「サイゴン・ボディガード」、ケイティ・グエン「17歳の恋愛注意報」、
      トラン・ヒー、ギア・グエン、ヴァン・チャン、ホン・ヴァン、フイ・カーン、タン・ロック

監督:落合賢「太秦ライムライト」「サイゴン・ボディガード」
脚本:マイケル・タイ
原作:五十嵐貴久著「パパとムスメの7日間」(幻冬舎文庫)
製作:チャーリー・グエン、落合賢
企画協力:共同テレビ
配給:AMGエンタテインメント

プロフィール
映画プロデューサー
村田徹
映画プロデューサー ㈱フェローズ コンテンツマネジメントセクション マネージャー/映画「ブルーヘブンを君に」2019年公開予定/映画「恋のしずく」2018年10月公開/映画「カノン」 2016年10月公開/映画「ちょき」2016年11月公開/学生の為の短編映画祭「Fellows Film Festival for Students」/東京在住・石川県金沢市出身

日本中のクリエイターを応援するメディアクリエイターズステーションをフォロー!

TOP