MENU

手がけたホームページは約560
コミュニケーションを大事にする提案型ホームページ制作会社

福岡
株式会社リクト 代表取締役 山口 裕介 氏
「コミュニケーションを大事にする提案型ホームページ制作会社」を掲げて、2012年に福岡で設立された株式会社リクト。会社は少数精鋭で、徹底したビジター目線でお客様の情報発信をサポート。営業担当者がいなくても順調に受注数を伸ばし、これまでに携わったホームページは560にのぼります。代表取締役の山口裕介さんに、創業の経緯から売上アップのポイント、新しい事業のことまで、じっくり伺いました。

中小企業と大手、管理職を経験して独立

起業されるまでのキャリアを教えてください。

私は福岡県北九州市で生まれ育ち、福岡大学で建築を専攻しました。大学卒業後は、普及し始めたばかりのネットに興味を持ち、鹿児島の会社に就職して、不動産検索サイトの運営・管理を担当。独学で初級アドミニストレータと二級建築士の資格を取得しました。それから福岡支店の立ち上げなどを経験した後、20代後半で福岡へ戻り、上場していた大手ホームページ制作会社へ転職。3年半の在職中、ホームページの知識と技術を蓄積して、管理職としてもいろいろ勉強させてもらいました。そして2009年、31歳のときに独立しました。

なぜ独立されたのでしょうか。

もともと起業してみたいという思いがありました。中小企業と大手で、管理職をひと通り経験して、自分なりに自信がついたので、独立に踏み切りました。最初は、広島にいた元同僚と2人でホームページ制作の仕事を始めて、少しずつスタッフや外部のパートナーが増え、2012年に法人化して株式会社リクトを設立。独立してから8年目に入りました。

ユーザ目線を意識したホームぺージで結果を出す

御社の事業内容について教えてください。

個人事業主の方や中小企業向けのホームページ制作をメインとして、制作後の運用サポート・活用コンサルティング、広告の出稿・運用サポートなども行っています。これまでに手がけたホームページはおよそ560にのぼり、現在、管理しているものだけでも230を超えています。

数多くのサイトを手がけられているのですね。どんなお客様が多いのでしょうか。

前職でのつながりからのお客様が多く、管理しているホームページの6割ほどは建築関係です。ほかにも、例えば大手のドラッグストアやガソリンスタンドなど、幅広い分野のお客様がいらっしゃいます。エリアとしては福岡を中心として、北海道から沖縄まで全国からご依頼いただいています。
独立すると決めたとき、飛び込みや電話営業を覚悟していたのですが、実際はお客様からの紹介やホームページからのお問い合わせのお客様が多くて、ありがたいことにこれまで営業専門のスタッフを置いたことがありません。

なぜ順調に受注できているのだと思いますか。

ホームページの閲覧者であるビジター目線を徹底していることです。私たちは単なるホームページの制作会社ではなく、世の中の価値ある情報がひとりでも多くの方に伝わるように「情報発信をお手伝いする会社」です。お客様がホームページを作られる理由は、仕事の受注、商品の販売、人材確保などさまざまです。最初にその目的や目標を明確にした上で、ターゲットであるビジターにお客様の強みをわかりやすく伝えられるように、お客様と私たちでしっかり話し合いながら作り上げていきます。豊富な経験と実績のあるプロフェッショナルのスタッフばかりですので、「安心して進められた」「結果が出た」と喜んでいただき、さらに知り合いの方をご紹介いただくケースも多いのがありがたいですね。

「結果を出す」という点で、印象に残っている案件があれば教えてください。

たくさんありますよ。つい先日は、塗装屋さんが初めてホームページを作ったら、毎日のようにお問い合わせがあり、一戸建て5件、工場1件、マンション1件、ほか3件の話がバタバタと舞い込んできたそうで、「忙しいを通り越して、笑いが出てきます」と喜ばれていました。ほかにも、ネットショップを公開した翌日にモノが売れて、「これからネットでどう対応したらいいでしょう」とご相談がきたり、私たちもとてもうれしくてやりがいを感じます。

お客様と共生する会社として、新しい事業も展開

社名の「リクト」にはどんな思いが込められているのでしょうか。

リクトは「live close together(リヴ クローズ トゥギャザー)」の頭文字をとったもので、「共生」という意味です。私たちは主役であるお客様と共生し、共に成長する存在でありたいという思いで名付けました。その思いは、今も全く変わりません。

御社の今後の展望について、お聞かせください。

今、社内のスタッフは12人になりました。男女半々くらいで、平均年齢は30代後半です。長く働いてくれるスタッフが多く、大変頼りになります。弊社には、リクトセブンチャレンジという7か年計画があり毎年事業内容や売上目標などを見直して更新しています。このまま少数精鋭で、年に1人くらいのペースでスタッフを増やしていければと考えています。

新しい事業としては、年内にオウンドメディアをオープンする予定です。最近、ネット広告はスルーされてしまう傾向が強くなっています。ストレートに商品をPRするのではなく、オウンドメディアで何かしら価値ある情報を発信して、会社のファンになってもらえるような仕組みづくりを模索しています。そして、ゆくゆくはそれをサービスとしてお客様に提案できればと思っています。 また、人とのつながりも大切にしたいと考えており、3年前から半年に1回「ウェブ屋さん交流会」を開催しています。10人くらいでスタートしましたが、口コミでどんどん人が増えて、前回は120人ほどの参加者が集まりました。2018年は、6月8日に予定しており、これをきっかけにお客様同士がつながり、お互いのビジネスにプラスになればと思っています。ほかにも、講師を招いてセミナーなどを随時行っています。

山口さんは多くのクリエイターとお仕事をされてきたと思います。最後にクリエイターにアドバイスをお願いします。

どんな仕事に就いていても、自分の仕事を「好き」であることが一番重要だと思います。仕事が好きなら、自ら情報を得て意欲的に学びますから。会社としては、自ら学んで、それを他の人に積極的に共有したり、仕事で発揮してくれるような方と一緒に働きたいですね。

取材日:2018年3月9日 ライター:佐々木恵美

 

株式会社リクト

  • 代表者名:代表取締役 山口裕介
  • 設立年月:2012年1月
  • 事業内容:ホームページの制作・運用サポート・活用コンサル、Web広告、WordPressのカスタマイズほか
  • 所在地:〒810-0042 福岡市中央区赤坂1-10-9 ロクバイビル8F
  • URL:https://www.lct.jp/
  • TEL:092-791-2108
続きを読む