秋田に行ってもお元気で…

東京
ライター・カメラマン・エディター・グラフィックデザイナー(見習い)
スーパーいわちゃんねる!クリ目版
岩崎

 JR山手線渋谷駅前といえば忠犬ハチ公の像…以外にも、待ち合わせスポットがあることを最近知った。それは東急電鉄製の旧5000系車両で「青ガエル」の愛称で親しまれているそうだ。何度か渋谷には行っているが、最近までその存在を認識していなかった。

 その「青ガエル」が駅前大規模再開発の影響で5月中に見納めとなり、7月以降は忠犬ハチ公と縁がある秋田県大館市の観光施設に移設されるというニュースを聞いたので立ち寄ってみた。

 東京新聞の記事によると、この車両は1954〜86年に東急東横線などで走行していたそうだ。緑色で丸っこいボディが特徴…っていうだけでカエル呼ばわりは安直じゃないか?と思っていたが、

 車体の外側を見ると、端に黒くて丸い目がついているように見える。確かにこれはカエルだわ。かわいい〜。

 中は渋谷の観光案内スペース&休憩所になっている。シートに座って窓から渋谷の街並みを見るのは不思議な気分になる。古き良き昭和の遺産の一つと言っても過言ではない。

 それにしても、東急電鉄が通っていない東北地方の、しかも秋田県北端の大館市に呼ばれることになるとは青ガエルも想像していなかっただろう。大館市は渋谷より絶対に人は少ないし、冬は車体が埋もれるくらいの雪が積もるはず。

 約30年仙台で暮らしてから上京して苦労している身として「都会で長年過ごしてきた存在が地方に行った時に、その環境の違いについていけるだろうか…」と想像すると、青ガエルへの同情と心配ばかりが心に浮かぶ。向こうでのご多幸とご健勝を祈るしかない。

プロフィール
ライター・カメラマン・エディター・グラフィックデザイナー(見習い)
岩崎
フリーランス記者・作家。メディア関係の仕事に就く傍ら、書いて撮って編集・デザインして発信できる「平面系マルチクリエイター」を目指す平成元年生まれ。巳年・蠍座の女。本家ブログは「スーパーいわちゃんねる!」で検索。宮城県出身、東京都在住。誰でも岩崎さんになれてポイントも貯まる「岩崎さんポイントカード」を配布中。

日本中のクリエイターを応援するメディアクリエイターズステーションをフォロー!

TOP