ぶーしゃかノート

東京
コピーライター
TOKYOそういえば日記 5
コジマカツヒコ

 

この原稿を書いているのは3月3日(火)。

政府の要請による学校の一斉休校が始まって2日目です。

 

『不要不急の外出は控えるべし』とのお達しが出ているものの

愛用のノートが終わってしまったので新宿へ行ってきました。

 

写真は午前11:40頃の新宿駅東口アルタ前。平日 火曜日のお昼前です。

ここまで人のいない新宿は初めてかも。コロナ騒動、早く落ち着くといいですね。

 

さて本題です。みなさん、ノートは何を愛用されていますか?

 

デザイナーの相棒「Sketch Book」、敏腕プランナー御用達の「RHODIA」、

いぶし銀の渋み「ツバメノート」、あなどれない永遠の定番「Campus」、

LIFE、ロルバーン、ほぼ日、無印良品…えとせとら.

 

スマホのメモも便利だけれど、やっぱり楽しいですよねノート選び。

打ち合わせの席で気になるノートを発見すると「それどこのですか?」なんて

会話も盛り上がったりして。

 

今回、ライター系のみなさんに強力にプッシュしたいノートがあります。

その名も「MONOKAKI(物書き)ノート」。

 

なんと職種限定!   ←それは違うだろう

 

 

どうです?  切り絵が愛らしいでしょう?  フォントがナイスでしょう?

 

「MONOKAKIノート」を手に入れたのは3年前。

岡村靖幸のPV「ぶーしゃかLOOP」で見てから、ずっと気になっていました。

 

なんて気持ち良さそうなノートなんだ。

 

たぶん、たぶん23才~  じゃなくて、たぶん岡村ちゃんのペン運びが絶妙なのだろう。

いや、でも、実に気持ちが良さそうな書き心地に見える。どこのだろう。欲しい。

 

ネットをしばらく検索していたら、わかりました。

 

川端康成や司馬遼太郎にも愛された東京・浅草の原稿用紙メーカー

「満寿屋(ますや)」さんが作るプロ向けのクリーム紙を使ったノートでした。

 

詳しい特徴は文末に記した満寿屋さんのURLからご覧いただくとして、実際に使ってみると

これがもう、うっとりするくらいの書き心地。

力を入れなくてもペン先がするすると滑るように進みつつ、インクをしっかり、

くっきりと吸い取っていきます。文字が映えて見やすい薄いクリーム色もグッド。

 

合わせるペンはお好みで。わたしはフリクションの0.7と1.0mm。

太めのほうが快感を味わえると思います。

 

もうすぐ4月ですし、後輩のライターや知り合いへのプレゼントにも喜ばれるかと。

 

ネット通販のようなシメになりましたが、今回はこのへんで。

みなさま体調管理にご注意ください。ご武運を!

 

 

※冒頭の画像   YouTube : yasuyukiINFO「ぶーしゃかLOOP」 より一部引用

 

※満寿屋さん「MONOKAKIノート」

http://www.asakusa-masuya.co.jp/products/monokaki.html

 

 

プロフィール
コピーライター
コジマカツヒコ
就活に乗り遅れたまま心晴れやかに学校を卒業。なつかしのマスコミ電話帳を片手に「使ってくれませんか?」の電話勧誘を繰り返し「ゆ」のページに書かれていた制作会社に潜入。それが33年前のこと。それから流通やメーカーのハウスエージェンシー、某電鉄会社の広告代理店を経てフリーランスに。得意領域は流通とメーカーの広告と販促ツールいろいろ。趣味は水泳と愛猫の育成、あとお酒と無駄話。信条は『世界はそれほど敵じゃない』です。

日本中のクリエイターを応援するメディアクリエイターズステーションをフォロー!

TOP