WEB・モバイル2019.05.10

WEBページをAIによって自動で多言語化する『MULTILINGUAL INDEX』

愛知
NSSホールディングス株式会社

NSSホールディングス株式会社グループのNSSマーケティング株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役:外山剛敏)は、AIを用いてWEBページを14ヶ国語に自動翻訳する「MULTILINGUAL INDEX - マルチリンガルインデックス」のサービスを提供開始しました。

MULTILINGUAL INDEXとは

MULTILINGUAL INDEXは、日本語のページを英語、中国語(簡体)、中国語(繁体)、韓国語、タイ語、ベトナム語、タガログ語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ロシア語、ヒンディー語、アラビア語に翻訳することができるホームページ多言語化ツールです。

通常の翻訳ツールのように単語単位で翻訳をするわけではなく、AIで文脈を読み取った上で翻訳を行うので、精度の高い翻訳をすることが可能になっています。また、微妙なニュアンスで表現したい部分だけを編集することができる機能も搭載されているため、より品質の高いWEBページを簡単な作業で構築することができます。

さらに、言語ごとに画像を入れ替えることができる機能もあるため、日本語が入った画像を各国語に編集することでよりユーザーに伝わりやすいインバウンド向けのホームページを構築するために理想的なツールとなっています。

翻訳されたWEBページは日本語のホームページとは別に独立した言語サイトとしてサブドメイン上に表示されるため、ユーザーが扱う言語ごとに最適な検索結果を表示させることができます。

 

MULTILINGUAL INDEX開発の背景

現在、東京オリンピック開催の影響もあり、多くの外国人が観光やビジネスを目的に来日しています。2018年の訪日外国人数は、2013年と比べて3倍の3119万人にまで増加しており、今後も増加し続ける見込みがあるため、日本政府もインバウンド対応施策を積極的に実施しています。

一方、官公庁が公表した「多言語対応に関するアンケート」によると、「訪日外国人が旅行中に困ったこと」として、「コミュニケーションがとれない」「多言語表示の少なさ、わかりにくさ」が上位を示しており、日本国内における多言語対応の低さが露呈していることが分かります。

MULTILINGUAL INDEXに関する詳細情報

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

 

 

本記事に関するお問い合わせ: NSSホールディングス株式会社

日本中のクリエイターを元気にするメディアクリエイターズステーションをフォロー!

TOP