WEB・モバイル2020.11.20

蛇腹カレンダーに無理やり365日を詰め込みました!1,200mm超ロング

京都
早和製本株式会社

世界中の好奇心

あふれる

クリエーターに

お届けしたい

SOWALABO

カレンダー2021

折り畳むと文庫本に

ぴったりサイズに収納

1mスケールと比較。

広げると

1200mmの

超パノラマ

1月1日~

12月31日

365日が

一覧(一面)で

みられます

<裏面は無地>

 

 

(T148×Y107mm/1面)

×11面付

1日を3ミリ幅で

平日には方眼をご用意

 

数カ月先の計画に

工程や作業の管理に

ぴったりの一冊

 https://www.amazon.co.jp/dp/B08NCMQWK5?ref=myi_title_dp

アマゾンで販売を開始しました

手にもった感じです

立てたところを上から

撮影しました

11面になっています

畳んだ状態で実測すると

厚さは1.72mm

 

小さくて薄いので

ダイヤリーや

システム手帳、

ノートや文庫本

どこにでも携帯可能!

1月の裏面には

両面テープ付き!

 

お客さまの

好きな時

好きな場所で

年間計画や

予定が

両手一杯で

眺められます

壮観なパノラマ図

好奇心溢れる

クリエイターを

応援します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<7つのご質問>

【年間スケージュール】

を一覧で見てみたいですか?

【文庫本サイズ】

ぐらいに小さく折り畳めたら便利ですか?

【厚さ2ミリ】

程度ならダイヤリーに挟めますか?

【1日分が3ミリ】

の列に予定を記入することはできますか?

【数カ月に渡る】

プロジェクト線等を長~く引きたくはないですか?

【2冊550円】

では安過ぎますか?

 

 

最後に、、、

【見たこと】

ありますか?

ありませんね!

ある訳ございません!

だからSOWALABOが

創りました!

それがSOWALABOの使命です。

ご興味のあるクリエイター様は

是非一度おためしください。

★御朱印帳の折り加工を

ゼロからクリエイトした技術を

応用しました★

世界で唯一無二の誂え加工機

 

 

 

ものづくり日本会議、日刊工業新聞社主催の

2019超モノづくり部品大賞

[生活関連部門]受賞

ゴリゴリの理系技術、環境、SDGs等の

有識者審査員様が無名の零細製本会社を

選ばれたその勇気に勇気を頂きました。

 

製本会社の受賞は史上初!(僭越)

 

 

その超部品大賞の

加工技術を

応用したのが

今回の新製品

 

SOWALABO

カレンダー

2021

 

です。

https://award.cho-monodzukuri.jp/award2019/2019life-related/#section1

 

<クリエイトの背景>

長いお話です

お時間のある時に

でもどうぞ

そもそも弊社早和製本株式会社は帳票類と呼ばれるビジネスフォーム印刷会社でした。最近はペーパーレスの波に飲み込まれていました。

そこで御朱印帳事業へ活路を求めた新参者の御朱印帳メーカーになります。京都の製本会社ということで全国各地からの御朱印帳への

お問い合わせの間違い電話が多くあり、そんなに困って居られるなら御朱印帳を創ってみようとなりました。

御朱印帳蛇腹加工は古来から4ページの二つ折りにされた和紙を交互に積み重ねて手作業で貼り合わせて製造されていました。

見事な考案物であり、日本人の緻密で繊細な知恵と工夫、文化の象徴のような蛇腹加工方式でした。しかしながら、手作業と熟練が

必要な工程で、一人で出来る生産数には限界がありました。そこで、だったら機械化をしてみましょう!と安易に取り組みました。

でも簡単にできるのならみんなやっていましたよね!

<<<案の定難儀しました>>>

紆余曲折を経て3年で完成。今はまだ投資金額の回収には程遠い売上額です。和紙には撥水機能の付加価値をお付けしました。

差別化には成功するも、

<<<案の定>>>

原価が膨れ上がったのに売価には転嫁できずに薄利で今も頑張っております。

やっと小さな灯りが見えてきたところに

<<<新コロナ襲来>>>

で全面STOP。ご朱印巡りどころではなくなりました。

そこで、だったら和紙以外の紙を蛇腹加工へ挑戦しましょうよ!と取り組みました。

でもやはり簡単ではありませんでした。

<<<案の定>>>

半年と更に大きな投資をつぎ込んで成功をしました。

従来から紙に蛇腹折りを加工するには、折り目の部分にミシン目か折罫を入れて加工をしていました。

しかし当然SOWALABOは違います。

折り目の部分に微細な切り込みを表面に交互に施して折り上げました。

見た目にはどうやって折っているのかはわかりません。

ルーペで覗くと

<<<なるほど!!!>>>

となります。百聞は一見に如かず。

世界市場に無い史上初の美しいアコーディオンカレンダーを

世界中のクリエーターの感性にお届けをしたいと思います。

見た事がないものを見たくありませんか?是非体験してほしいです!

 

長文を最後までお読み頂きありがとうございました。

その好奇心こそ

<<<クリエーターの証>>>・SOWALABOは十分嬉しいです。

2020/11/20初投稿

※蛇腹=アコーディオン:本屋さんにも文具屋さんにもあまり見られない加工方式。

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

[名称]SOWALABOカレンダー2021

[折り畳みサイズ]T148*Y107*H1.72mm

[展開サイズ]T148*1178mm

[紙]OCR<90>※コピー用紙は<55>なので約倍の厚みです。

[印刷]カラー4色/裏面無地

[折り数]11面をアコーディオン折り(蛇腹折)

[重量]23g/1冊

[両面テープ]タイトル1月の裏面に1カ所

[2冊入]販売は2冊を1袋に入れて販売

[角R]ケガ予防に4ツの隅を3Rの丸カット処理

[表紙]ありません。本体のみです。

[価格]550円(税込)

[製造元]早和製本株式会社

[商標]SOWALABO

[販路]店頭、アマゾン他

※祝日法等の改正により祝日、振替休日が変更になることがあります。

※印刷前の無地洋紙を既製品として販売することも可能です。

角3Rでケガを予防>>>

 

本記事に関するお問い合わせ:早和製本株式会社

あなたの会社のニュースを掲載しませんか?

ニュースへの新規掲載お申込み(無料)

日本中のクリエイターを応援するメディアクリエイターズステーションをフォロー!

おすすめ記事

TOP