MENU

ごきぶりポーカー

今回のイチクリで紹介するものは、ボードゲーム「ごきぶりポーカー」です!

名前にポーカーとつくものなので、心理戦になるゲームです。

ゴキブリ、ネズミ、サソリ、コウモリ、ハエ、カメムシ、クモ、カエルの8種の害虫の絵が描かれているカードを使用します。

ルールは、自分の手札として持っているカードから1枚選び、伏せて好きな相手に何のカードであるか宣言します。相手は、その宣言が嘘なのか本当なのかを判断します。その判断が誤っていればそのカードは相手の手持ちに、正しければ自分の手持ちになります。

手持ちのカードが「同じ絵柄のカードが4枚」または「全8種のカードをコンプリート」した人がゲームの負けとなります。

一見当てずっぽうにみえるゲームですが、ゲーム後半戦になると心理戦になります。また、普段嫌われものになっている害虫たちが絵柄になっているのもとてもユニークです。この前、5人でこの「ごきぶりポーカー」をしたのですが、負けるリーチがかかると、自然と周りの人が自分ばっかりに勝負をしかけてきてとても大変でした・・・笑

とても面白いゲームで、やりごたえあります!是非、興味を持った方はお試しください!

画像URL:https://www.amazon.co.jp/Drei-Magier-%E3%81%94%E3%81%8D%E3%81%B6%E3%82%8A%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC/dp/B003O1U7PU

クリステ編集部:西條絵里奈

続きを読む