MENU

1 CLICKイチクリ

映画『ディセンダント』

「ディズニー・ヴィランズにもし子どもがいたら…もし彼らが10代だったら…」という設定のもとストーリーが展開するミュージカル映画『ディセンダント』。従来の可愛らしい衣装を着たディズニーキャラクターではなく、少しワルなかっこいいキャラクターたちが魅力的だったので見てみました!簡単なあらすじは、美女と野獣の舞台となったオラドン合衆国の離島「ロスト島」に住む、マレフィセントの娘・マル、白雪姫の悪の女王の娘・イヴィとクルエラの息子・カルロス、ジャファーの息子・ジェイの4人がある日、本土にあるオラドン高校へ通うように言い渡されます。直に王位を継ぐアダム国王の息子ベンが「悪役たちの子供にチャンスを」と彼らを招いたのです。嫌がるマルでしたが、彼女に「フェアリー・ゴッドマザーの魔法の杖」を手に入れさせようと企む母マレフィセントに諭され渋々了承し、オラドンの学校に通うことになります。そこで彼らの心は少しずつ変わっていくことになるのです。ヴィランズの子どもたちという夢のような設定と、楽しいミュージックで見ているだけで楽しい気持ちになりますが、親の期待に答えたい、認められたいけれど、親の望みは自分がやりたいことではない。そんな苦しいキャラクター達の葛藤が胸に刺さります。育ちの良い悪いで子どもの人格を決めつけないでほしい。そんなメッセージが込められていると思いました。気になる方は是非見てみてください!

 

クリステ編集部 原田千愛

 

続きを読む