MENU

ガタカ~遺伝子レベルの優劣なんか飛び越えろ!~

 本日は1997年、アンドリュー・ニコル監督作「ガタカ」というSF映画を紹介したいと思います。本作はシックかつスタイリッシュな未来描写で「おしゃれ映画」として知られています。私は「おしゃれ映画」にあまり造形が深くないので、レンタルビデオ店では見向きもしないことが多いですが、本作に限っては背景に限りなく正しく、限りなく熱いメッセージが隠されています。

 時はそう遠くない未来。遺伝子操作技術の発達により、優れた知能と外見を持つ「適正者」が数多く存在する世界が舞台です。知力体力に優れた「適正者」は当然、あらゆる面で優位に立っています。一方、自然妊娠によって生まれた「不適正者」は「適正者」劣る存在であり、産まれた瞬間から「出来ること・出来ないこと」を遺伝子レベルで決められ、差別の対象になっています。そんな中、「不適正者」として生まれたビンセントは、宇宙飛行士という「適正者」にしか届かない夢をかなえるために奮闘する...というのが大まかなあらすじです。

 本作は劇中の台詞にもある通り「俺が出来ることをお前が決めつけるな!」という話だと思います。科学技術の進化により、産まれながらの人間の優劣が「実際」に現れた時代。もはやそのことについて疑問を差し挟む余地もない。住む世界は限られ、地上から宇宙へ向かって飛び立つロケットをただ眺めることしかできないとされてる人間。この映画はそんな人間のバイタリティと努力が、遺伝子レベルで決められた優劣を飛び越える話であり、人間が持つ可能性を肯定する話です。

 さらに「適正者」側の人間にも感情移入できる「フェアな視点」が、本作をまた一段素晴らしいものにしています。キーパーソンとなる「世界最高の遺伝子」の持ち主である「適正者」ジェローム。彼は水泳で世界2位という素晴らしい成績を残しているにも関わらず、最高級の遺伝子を持つが故の重圧や、なにもやり遂げられなかった後悔に苛まれ、自殺未遂を起こした結果、現在は車いす生活をしていました。彼は、ビンセントに生体サンプルを提供することになります。ビンセントが「適正者」として社会生活を送れるように隠ぺい工作を行うためです。生体サンプルの提供を通じ、自身とビンセントの夢を重ね合わせるジェローム。最終的に、「何ひとつやり遂げることが出来なかった人間」が、人のために何かをやり遂げる話になっており、ここの展開は非常に感動的であります。

 またディストピア(反理想郷)SFとしても新鮮な一作だと言えます。ディストピア感というのはその作品が作られた時代によって移り変わるものです。70年代、80年代のディストピアSFは社会科学の側面から切り取られた作品が多いのですが、そこへきて本作は科学技術の進歩によって招かれたディストピア世界という設定が非常に斬新であったことも付け加えておきます。何はともあれおススメです!

画像:アマゾンから引用

<phttps://www.amazon.co.jp/%E3%82%AC%E3%82%BF%E3%82%AB-AmazonDVD%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%82%AF/dp/B00PXKWZFA/ref=sr_1_4?ie=UTF8&qid=1541727954&sr=8-4&keywords=%E3%82%AC%E3%82%BF%E3%82%AB" target="_blank">>https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AC%E3%82%BF%E3%82%AB-AmazonDVD%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%82%AF/dp/B00PXKWZFA/ref=sr_1_4?ie=UTF8&qid=1541727954&sr=8-4&keywords=%E3%82%AC%E3%82%BF%E3%82%AB

                                                クリステ編集部 渡邊正人

Tags: ,
続きを読む