MENU

1 CLICKイチクリ

映画『軽蔑』

1963年に公開されたジャン=リュック・ゴタール監督による、フランス・イタリア合作映画『軽蔑』。初めは脚本家のポールとその妻カミーユの何の意味も持たない夫婦らしい会話から始まります。その翌日、ポールの仕事仲間である映画プロデューサーのジェレミーが美しい容姿を持つカミーユを一目見て、カプリ島でのロケに誘います。突然妻に他の男性の影がチラついたにも関わらず、その誘いを夫であるポールがハッキリ断らなかったことから夫婦の運命が静かに変わっていきます。かなり難解な作品で登場人物の心情の動きがかなりリアルで繊細な上、ほとんどサイレントなのでそれぞれの心情は観た側が想像するしかありません。それだけに意見や見方に差が出る作品だと思います。それだけではなく、マリリン・モンローと並ぶセックス・シンボルであるフランス女優ブリジット・バルドーのセクシーな演技やころころ変わるファッション、メイクにも目が離せません。とても考えさせられる映画なので、考察がお好きな方には本当におすすめです。

画像:Amazonより引用

https://www.amazon.co.jp/%E8%BB%BD%E8%94%91-DVD-%E3%83%9F%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%B3%E3%83%AA/dp/B006QJSJL6/ref=sr_1_4?s=dvd&ie=UTF8&qid=1536678838&sr=1-4&keywords=%E8%BB%BD%E8%94%91

クリステ編集部原田千愛

 

続きを読む