MENU

おおきく振りかぶって

9月に入り、だんだん涼しくなって来ましたね。

皆さまはこの夏、何をして過ごしましたか?

海、花火、お祭りなど夏の風物詩は沢山ありますね。

そんな中私の夏と言えば、高校野球です!

8月21日、第100回目の甲子園は大阪桐蔭の優勝で幕を閉じました。

多くの甲子園球児達が汗と涙を流し、今年も素晴らしいドラマを見せてくれました。
未だ甲子園の興奮が覚めやらぬ毎日を過ごしている私は漫画を読んで甲子園の余韻に浸っています。
その漫画こそが、「おおきく振りかぶって」です!

「おおきく振りかぶって」は2003年11月から月刊アフタヌーンにて連載されている漫画です。

簡単なストーリーをご紹介します。

「おおきく振りかぶって」の主人公、ピッチャーの三橋廉は弱気で卑屈な性格です。
しかし彼の投げる球は球速こそ遅いものの驚異のコントロールを持ち、なんと9分割のストライクゾーンに投げることができるのです。

そのことに気付いたキャッチャー阿部隆也は卑屈になりがちな三橋を勇気付けながら共に成長していくストーリーです。

私は三橋と阿部のバッテリーがとても好きで、卑屈で弱気な三橋を引っ張りリードするキャッチャーの阿部にとても魅力を感じます。

「おおきく振りかぶって」の最大の特徴は繊細な心理描写だと考えています。
だからこそリアルで、アニメや漫画を読まない人でも楽しめる作品だと思います。

甲子園の余韻に浸っている方も、そうでない方も是非「おおきく振りかぶって」を読んでみてはいかがでしょうか。

クリステ編集部 石川佳奈

 

画像:Amazonより引用

https://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E3%81%8A%E3%81%8D%E3%81%8F%E6%8C%AF%E3%82%8A%E3%81%8B%E3%81%B6%E3%81%A3%E3%81%A6-1-%E3%81%B2%E3%81%90%E3%81%A1-%E3%82%A2%E3%82%B5/dp/4063143422

続きを読む