MENU

1 CLICKイチクリ

何十年後に本屋がなくなる!?

ネットサーフィンをしていると本屋がなくなるという記事を見つけました。 理由としては、 技術の進歩とそれが経済に導入され普及していく技術革新やインターネットの発展によって、 GoogleやYahoo、楽天、Amazonなど多くインターネット企業が台頭し、多くの仕事を飲み込んでいったからだそうです。

例としましては、Amazonの登場で街から本屋が次々と消え去っています。本屋は15年間の間に21,495 店から13,488店と、約40%が消え去ってしまったのです。

他にも、人間の仕事が奪われているのは本屋だけではありません。製造業やWebデザイナー、翻訳業など、人工知能が学習可能なこと、ロボットに代替可能なことが多い分野は、これから何十年かの間にロボットにとって変わられていくことは自然なことです。

便利になることは大衆にとってはいいことなのかもしれませんが、その中には職を失ってしまう方もいるのは、複雑な気持ちになりますね。

クリステ編集部 小池 優大

続きを読む