MENU

1 CLICKイチクリ

手づくり本の魅力。

■用意するのは、紙とアイディアだけ 

 

みなさん【ZINE(ジン)】をご存知でしょうか。

発祥はアメリカ。

ファン+マガジンを合わせた「FANZINE」が語源と言われ、

主に少数部で作られる自主制作出版物を指します。

同類語として「リトルプレス」と呼ばれることもあります。

 

利益度外視で、作り手の思いや衝動をそのままに表現する自由度・手軽さからじわじわと人気が拡大中。。

雑貨屋やカフェに置かれたり、オンラインショップで販売されたりしています。

そして何よりも、文章・イラスト・写真・コラージュ..形式・内容等一切気にせず作れるのがZINE最大の魅力です。

 

 

 

 

⬅︎過去に制作したコラージュ作品と合わせて

表紙っぽいものを作ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨今は電子書籍の台頭によって、紙の本の市場規模は縮小の一途を辿っています。

私は、両方利用しますが紙の本を買うことが多いです。

パラパラとページをめくった時の感覚、

本棚に一つづつ並べてデザインを楽しんだりできるのが好きで

やっぱり紙の本が良いなあと思ってしまいます。

 

ZINEは少数部だからこそ、手作りならではの温かみをより感じることができます。

その時々に感じた思いを文章やイラストで自由に表現してみる。

そうすることで、見返した時に自分の作風の変化や成長に気がついたり、

過去の自分からヒントを得ることがあるかもしれません。

 

作り手同士がトレードをして、互いの世界観を共有してみるのも面白いですね。

 

食についてでもよし、

旅についてでもよし。

是非、あなただけのオリジナルZINE制作にチャレンジしてみてください。

 

▼ZINEについて詳しくは下記をご覧ください 

    ・フムフムハック

    ・MOUNT ZINE

 ・minne

 

 

クリステ編集部 坂本江里華

続きを読む