MENU

おどる、お盆やすみ。

赤いちょうちん、ひびく下駄の音、おどる老若男女。

これは「郡上踊り」

私の地元にある盆踊りです。

日本三大盆踊りのひとつと言われています。

その最大の特徴が誰でも踊りに参加することができるという点です。

江戸時代から続いており、当時、えらいひとが「盆の4日間だけ、身分も無礼講でおどるがよい」と奨励したため、今もこうして残っています。

浴衣でなくても、踊り方を知らなくても問題ありません!

踊りが10種類もありますが、見よう見まねで踊れます。

13日から16日は徹夜踊りといって、夜8時から翌日の5時までひたすら踊り続けます。

友人には「狂ってるな」と褒められたので今度一緒に行こうと思います。

こどもも、おとなも、おとしよりも、いっしょになっておどるのは、全員が家族のような不思議な感覚を味わえます^~^

 

若者には「白鳥おどり」をお勧めします。

「郡上おどり」よりもテンポが速く、合いの手が多いのでライブのようなノリで楽しめます!

>郡上おどり

>白鳥おどり

 

見知らぬ人や文化との出会い、そして身体を動かすことで、新たなクリエイティブの発想につながることをねがって。

 

クリステ編集部 小森ひなた

続きを読む