MENU

1 CLICKイチクリ

芸術に対する姿勢

 

 

先日ジャズライブハウスに足を運び、日本トップレベルのジャズマンの方々の演奏を聴いてきました。

 


ジャズは好きなのですが、集中して聴かなければ愉しめない自分がいるのです。

 

自然体で聴いているとどうしても眠くなってしまう。

 

 

しかし、一音一音に神経を研ぎ澄ませ聴くことでその重みを感じ、感動することができるのです。

 

そこで考えたのですが、芸術には聴く、見る、観る側にも責任があるのではないかということです。

 


例えば普段ポップスを聴いている人々にジャズの音楽を聴かせることで100%理解できるとは限りません。

 


それによって本来評価されるべきだった作品もたまたま評価した人々がその作品のジャンルに精通していなかっただけに、十分に評価されないということもなくはないと思うのです。

 


だからこそ、むやみやたらに芸術に触れるのではなく、ある程度の知識を身につけた上でその芸術に向き合うことも我々の責任ではないのかと思う今日この頃。

 


日々勉強ですね。自分も頑張ります。

 


クリステ編集部 片上聖也

続きを読む