映像2016.10.26

立命館大学映像学部イベント「ジャンキャリ」

立命館大学映像学部公式HPより

立命館大学映像学部公式HPより

本日は京都市にある立命館大学映像学部のイベントを紹介させていただきます!   映像学部ってあんまり聞かないですよね? どんなことをしているかというと、アート、ビジネス、テクノロジーの三本柱のもと 幅広い映像分野を学んでいます。 芸術系の大学と総合大学の間のような感じですね。 なので実際に映画やアニメーション、3DCG制作をする授業があったり、 映像業界のことを学ぶ授業があったりと色々なことをやっています。   そんな映像学部生の活動を一般に公開し、企業の方を招いて交流をするイベントが、 「ジャンキャリ」(EIZO JUNCTION×キャリアフェア)というイベントで、 2013年度から毎年実施されています。

立命館大学映像学部公式HPより

立命館大学映像学部公式HPより

  今年は10月15日に開催されました! 日頃の研究成果を発表する学生がいれば、制作物(ex.ゲームやメディアアートetc.) を展示する学生もいます。 今回は、その中でもメディアアートの展示に注目しましたよ☆   こちらは「フッキンラジオ」。ラジオのチューニングを腹筋の角度で調整するという作品です。   img_20161015_171255 ラジオがきれいに聞こえる角度が、絶妙に腹筋のキツイところに設定してあり 体験者はヒーヒー言いながらとても賑やかに体験していました! このパネルの奥に寝そべって腹筋をするのですが、 パネルに穴が開いていてちょうど顔が見えるようになっています! 流れるラジオもオリジナルらしく、とても面白かったです。   そしてもう一つ、「電子エンチ」。食べ物を温める電子レンジで、"心を暖める"という作品です。 img_20161015_171316 電子レンジのあたためボタンを押すと・・・ img_20161015_175627 こんな風に電子レンジの中のメリーゴーランドが周ります。 キラキラとした光も投影されて、とてもキレイでした。心もほっこり♪   技術だけでなくアイデアが個性的で学生ならでは!と感じました。 学生のアート展に足を運んでみると予想外の発想の面白さに出会えるかもしれませんね!     ↓公式HPでもその様子が紹介されているのでぜひぜひどうぞ♪ http://www.ritsumei.ac.jp/cias/event/article.html/?id=441   クリステ編集部 八木日向子    

続きを読む
TOP