MENU

1 CLICKイチクリ

映画『君の名は。』を別の視点から楽しむ方法

新海誠監督の最新作『君の名は。』が爆発的な大ヒットを記録しています。 映画館の満席やパンフレットなどの品切れがSNSでも騒がれていました。 劇中の音楽にRADWIMPS、作画監督に安藤雅司、キャラクターデザインに田中将賀、 というように様々な面でも注目を集めていますね。 他にも多くの人々が制作に携わっていることは、みなさんもご存じだと思います。   その中の一人、『君の名は。』脚本協力の加納新太。 この映画の外伝小説も手がけています。 脚本で削られたアイデアを復活させたいという思いもあり、 自身の視点で描く『君の名は。』を書いたと言います。 kiminonaha2   外伝小説

『君の名は。
Another Side:Earthbound』

  公式ビジュアルガイド 加納新太インタビュー記事の一部で このように話しています。 「新海さんの作品はどれも多くを語らず、あえて空白を作ることで、 その穴埋めを観る人に委ねているところがあるんですね。 つまり、人によって解釈が異なって当然なんです。」 加納新太の解釈がこの外伝小説というわけですね。 ただ、脚本協力として制作に参加した彼の解釈は 誰よりも真実味があるのではないかと思います。 同じ作品でも別の視点から見てみると、新しい感動があるかもしれませんね。 kiminonaha1   公式ビジュアルガイド

『新海誠監督作品
君の名は。公式ビジュアルガイド』

  映画『君の名は。』公式サイト http://www.kiminona.com/   クリステ編集部 舟橋香里

続きを読む