映像2016.03.11

5年ぶりに再点灯した『Counter Void』

震災から、5年目となる2016年3月11日。 東京六本木にあるパブリックアート『Counter Void』が再点灯されました。 点灯式で、作者である宮島達男氏は、「5年前のあの日、みなさんはどこで何をしていたでしょうか。『Counter Void』は、みなさんの思いをもう一度、甦らせるために再点灯されます。(Relight Daysは、)あの時の思い。はるか東北の同胞への思いをよみがえらせていく3日間になっています。静かに、そして深く思いをめぐらせていただければと思っています。」と、再点灯への思いを語られました。 『Counter Void』は、本日、3月11日より13日までの3日間だけ点灯します。その後、点灯の予定はありません。明日、3月12日には、一般市民からなるプロジェクトチームRelight Committeeによるワークショップも開催されます。 Relight Committeeを率いるNPO法人インビジブルの菊池宏子さんは、「これは、見ないとわからない。1分でも1秒でもいいので、ぜひこの場に足を運んで体感していただきたい。」とプロジェクトへの熱い思いを語ってくださいました。 週末は、是非、六本木のケヤキ坂『Counter Void』前へ。この機会を見逃さないで。 (クリステ編集部)

Relight Days 会  期:平成28年3月11日(金)〜 3月13日(日) 時  間:10:00 〜 24:00(3月11日のみ17:50開始) 会  場:六本木ヒルズけやき坂『Counter Void』前(東京都港区六本木6-9)、ほか 主  催:東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、特定非営利活動法人インビジブル 特別協力:MEDIA AMBITION TOKYO

『Counter Void』点灯式 日時:平成28年3月11日(金) 17:50 〜 18:00

0311_religt_01

点灯式で挨拶する宮島達男氏

点灯式で挨拶する宮島達男氏

再点灯を待つCommitteeメンバー

再点灯を待つCommitteeメンバー

ついに再点灯した「カウンター・ヴォイド」

ついに再点灯した『Counter Void』

点灯式に集まった人々で記念撮影。

点灯式に集まった人々で記念撮影。

突然、宮島さんは、通りがかりの中学生を集め、「カウンター・ヴォイド」の前でポーズ。

突然、宮島さんは、通りがかりの中学生を集め、『Counter Void』の前でポーズ。

0311_religt_07

【関連記事】 Relight Days 「クリエイティブ好奇心」第123回 アートと社会の関係を考えるアートプロジェクト Relight Project 「あの人に会いたい!」第123回 宮島達男(Tatsuo Miyajima)氏 / 現代美術家

続きを読む
TOP