MENU

愛に尊敬など必要ない。ええ、まったく。

この記事のタイトルは、山田詠美氏『賢者の愛』帯に書かれているキャッチコピーです。とても印象的ですよね。このキャッチコピーと同じくらいインパクトのあるのが表紙デザイン。

『賢者の愛』

表紙デザイン

この本の装画・挿画を描いているのは丸尾末広氏です。 丸尾氏は小説家・夢野久作氏、小栗虫太郎氏などの影響が伺える作風の漫画家で、江戸川乱歩氏「芋虫」を原作とした作品も発表しており、文学にゆかりのある方です。 一方、『賢者の愛』は山田詠美氏が文豪・谷崎潤一郎氏の『痴人の愛』に真っ向から挑んだ作品で、この丸尾氏の装画から漂う不気味さや佇まいとマッチした内容となっています。 今回、山田詠美氏が好きでこの本を購入しましたが、表紙の良し悪しで購入する「カバー買い」と言葉があるくらい表紙デザインは注目されています。私の場合、この本をきっかけに装画・挿画をつとめた丸尾末広氏に興味を持ち、漫画「芋虫」を読みました。本の内容とデザインは密接にかかわっており、相互作用があると感じさせてくれた作品でした。 Y.H

Tags:
続きを読む