MENU

1 CLICKイチクリ

「線を聴く」展

こんにちは! ここ最近でぐっと春らしくなってきました。 春はぽかぽかしていて好きですが、出会いと別れの季節ということもあって なんだか少しそわそわしてしまうのは私だけでしょうか。 さて、本日ご紹介するのは、 「線を聴く」展 1d368f4aa88dc23059e535429b32273e
銀座メゾンエルメス フォーラムでは、シンプルな「線」を考察する展覧会、「線を聴く」展を開催いたします。 私たちの想像力の源である自然の中に見出すことのできる線や、線の生まれる場所に焦点をあてた作品をグループ展形式で紹介いたします。 本展覧会は、東京、森美術館にて開催される「シンプルなかたち展:美はどこからくるのか」(2015年4月25日~7月5日、主催:森美術館、ポンピドゥー・センター・メス、特別共催:エルメス財団)に呼応する形で開催されます。 フォルムと同様に「線」の表現は、美術の中でも重要なテーマとして取りあげられてきました。ドローイングやカリグラフィー、あるいは抽象絵画に代表されるように、造形美術において、線についても多くの考察がなされ、作品が作られ続けています。また、私たちの文化のなかでも、科学の分析図や地図、楽譜、文字など、美術を超えた領域でも線を使った描写は広く普及しています。壮大な線をめぐる文化史のなかで、本展覧会は、密やかな線に耳を澄ますきっかけ、また線に導かれるままの開かれた風景を味わう機会となることでしょう。(公式HPより)
線を聴くというタイトル、なかなか珍しい表現です。 「聴く」という漢字は、「聞く」と何が異なるのか。 そんなことを中学生の頃に考えたことがありました。 それに対して当時の国語の先生が教えてくれた答えが、私の中にすっと入ってきたのを覚えています。 単に音を「聞く」に対して「聴く」は、 その字が成している通り、耳、目、そして心を研ぎ澄まして何かに向き合うことをいうのだそうです。 そんなことから考えると、本展「線を聴く」は、耳・目・心で芸術を感じる場なのだろうと思います。 HPにも線についての説明が掲載してありますので、ぜひご覧ください。 【詳細】 ■ 開館日: 2015 年 4 月 24 日(金)~7 月 5 日(日) ■ 開館時間: 月~土 11:00~20:00(入場は19:30まで) 日   11:00~19:00(入場は18:30まで) ■ 休館日:エルメス銀座店の営業時間に準ずる ■ 入場料:無料 ■ 会場:銀座メゾンエルメス フォーラム (中央区銀座 5-4-1 8 階 TEL: 03-3569-3300) 線の世界、楽しんでみてくださいね。 HP:http://www.maisonhermes.jp/ginza/gallery/archives/8115/ n.s
続きを読む