MENU

1 CLICKイチクリ

世界初の「ドローン映画祭」

こんにちは! 今回は、世界で初めて開催されたドローン映画祭をご紹介します! 3月7日にアメリカ・ニューヨークで開催されたこの映画祭では、無人撮影機「ドローン」を使って撮影された映像作品、35本が上映されました。 ドローンとは、無人の航空機全般を指し、もとは軍事目的で使用されていました。しかし、小型化・低価格化が進み、民間での映像撮影にも利用されるようになってきました。特徴としては、人の手では撮影できない角度・場所・スピードで映像撮影をすることができます。 廃墟と化したチェルノブイリの町を撮影したものや、花火の中から火花が広がる様子を撮影したもの、険しい山道を猛スピードで駆け抜けるライダーを追いかけたものなど、従来のカメラでは再現することができなかった映像が実現されています。 最優秀作品は、スーパーマンの目線から空を飛び回る作品です。ドローンの特性を、ユニークな発想で存分に発揮している作品だと思います。 「Corridor Digital」:https://vimeo.com/121669160   技術の発展とともに、私たちのイメージをより忠実に再現することができるようになってきています。 販売価格は幅が広く、安いものだと1万円以下のものもあるようです。 新しい映像の可能性を試してみてはいかがでしょうか。   New York City Drone Film Festival公式サイト:http://nycdronefilmfestival.com/ m.k
続きを読む