プロダクト2015.01.21

めがね好きは括目せよ!!

先日、可愛らしいフレームのめがねをかけた知り合いと会い、めがねへのこだわりを 聞く機会がありました。めがねの世界も奥深いもんだなと思いメガネについて調べてみると、 こんな文言が。 「めがねの聖地―さばかん」。 めがねの世界って、本当に奥深いんですね。 福井県の中央にある鯖江市は、めがねフレーム全国シェアの95%を占める“めがねのまち”です。 鯖江市のめがね産業は、100年以上の歴史を持ち、今も進化し続けています。 「めがねミュージアム」は、そんな鯖江市のシンボルであります。 県内産のものだけを揃えためがねショップや、博物館、めがねの体験工房があり、 鯖江市のめがね作りに触れることができます。

世界でも珍しい、竹や銘木など自然素材のめがねフレーム。竹のめがねは、軽く吸水性に 優れているため「ずれ落ちないめがね」として最近話題の商品です。 めがねの他にも、フレームのセル生地を使ったブレスレットや指輪、チタンフレーム生地から 作った小物なども珍しい商品もあります。セル生地から作られたアクセサリーは、 クリアな発色でとてもきれいです。 めがねミュージアム museum_photo06  

2011年5月5日には、つつじまつり会場にて、県内外の学生や市民・眼鏡企業関連者などからなる “めがねギネス実行委員会”が中心になり、「さばえ・めがねギネス」が行われました。 国内外から、2万2千個以上のめがねが集められ、なんと繋げためがねの長さは2011m! 無事、正式にギネス記録に認定されました。 「さばえ・めがねギネス」 「このエリアでは、めがねはすでに風景なのです。」 この言葉に惹かれためがね好きの方は、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。 鯖江観光公式HP:http://www.city.sabae.fukui.jp/users/kanko/feature/megane/ m.k

TAGS of TOPICS

続きを読む
TOP