MENU

1 CLICKイチクリ

ホイッスラーの魅力

こんにちは! 突然ですが、美術館は好きですか? 私は、好きです。美術館の絵を見るというよりも 美術館の雰囲気を味わいによく行くことがあります。 絵画をじっとみていると、知らなかったことや 気づかなかったことが見えてきます。 そして、この絵を描くためにどれだけの苦労を 画家たちは注いだのかとまで考えてしまいます。 現在、横浜美術館では「ホイッスラー展」が開催されています。 ホイッスラーについて簡単に紹介したいと思います。 girlwhit           『白のシンフォニー No.2:小さなホワイト・ガール』 ジェームズ・マクニール・ホイッスラー(1834-1903)は、アメリカ・マサチューセッツ州に生まれ、 幼少期をロシアで過ごした後、1855年、21歳の時に画家になることを志しパリに渡りました。 パリでは、シャルル・グレールのアトリエに通う一方で、ギュスターヴ・クールベと出会い、レアリスム(写実主義)に感銘を受けます。 そのため、ホイッスラーの初期の油彩画やエッチングなどの主題の選択や表現には、クールベの影響が色濃く表れています。 1859年には、彼の初期代表作のモデルともなった異母姉のデボラ・ヘイデンと彼女の家族が住むロンドンへ移住します。 フランス語が堪能であったホイッスラーは、以降「クロス・チャンネル(英仏海峡を往来する)」の画家として、英国とフランスを中心に活動しました。 ロンドン移住後は、ラファエル前派の画家たちとも親交を深め、芸術は芸術のために存在するべきであるという理念に従い、 唯美主義のリーダー的存在として英国の画壇において重要な役割を果たしました。 また、日本美術との出会いは、彼の唯美主義者としての信条をもっともよく表している一連の風景画「ノクターン」を描くうえでも重要でした。 ホイッスラーは、ジャポニスムの代表的画家として世界的に知られています。 (ホイッスラー展公式HP ホイッスラーより) ホイッスラーは日本にとっても、重要な存在の画家です。 日本の影響を受けた彼は、絵の中に自分のイニシャルで作った蝶を描いたりと おもしろい仕掛けを絵の中に施しました。 そして、今回の展示会にはホイッスラーが影響を受けた日本画も 多数紹介されていて、どんな絵に影響を受けたのかがわかります。 見ていて飽きないし、絵を見ていると心が落ち着きます。 みなさんも、休日や時間のあるときに美術館に行ってみるといいと思います! ホイッスラー展は、3月1日まで横浜美術館で開催されています。 ・ホイッスラー展ウェブアートギャラリー K.I

続きを読む