MENU

1 CLICKイチクリ

やまだたいちの不思議なオノマトペ

メリークリスマス! 皆さま、素敵なクリスマスをお過ごしでしょうか? 私はおうちでゆっくり過ごすクリスマスが好きです。 コーヒーを飲みながら漫画を読むのが至福なのですが、 最近素晴らしい漫画を発見いたしました! 『ペナントレース やまだたいちの奇蹟』です! 野球漫画です。とにかく野球が下手でバカ正直なやまだたいちが、その超人的な野球への情熱と根性で成長していくという物語です。このやまだたいちが泣かせてくれるんです! 内容もさることながら、異色なのは音です。 とにかく打球音が多い!多彩!意味が分からない! ほとんどの野球漫画の打球音は、 「キーン」とか「カキーン」とか「コツ」とか そこまでのバリエーションはありません。 ほとんどカタカナで、フォントも鋭い形をしているイメージが強いですよね? しかし、『ペナントレース やまだたいちの奇蹟』では たくさんの打球音が登場します。 やまだたいち効果音 「どぎゃっ」?「もーん」?「ばききぃん」? と、その効果音に違和感を抱いてしまいますよね。 そんな音を出した打球の行方が気になってしまいます。 あえて普段はそう聞こえないような音で表記することで、 読む人に印象深い漫画になっていると思います。 この『ペナントレース やまだたいちの奇蹟』は 1994年に週刊少年ジャンプ連載が終わっていて、 全14巻の単行本が発売されています。 古本屋さんでまとめ買いしてみるのもよいかも知れませんね! スタイリッシュなスポーツアニメ・漫画が多い昨今ですが、 ぜひ、ユーモアたっぷりのスポ根漫画で熱くなってみませんか? s.k

続きを読む