グラフィック2014.12.12

最も忙しいブックデザイナー 

名久井さんこんにちは。冬が本格化して外に出るのがつらい毎日です。私は冬はお出かけする回数が減る代わりに読んだ本が増えます。 皆さんはどのように本を選んでいますか?私は調べずにそのまま探し出すのですが、まず目を引くようなカバーからあらすじを読みます。 そんなカバーや帯、また中の化粧扉や目次、本文までデザインするブックデザイナーさんの中で、最も忙しいといわれている方がいらっしゃいます。 「名久井直子さん」です。書店で名久井さんが出がけた本の特集コーナーが作られることもあるようです。 彼女の作品には遊び心が満載。たとえば、漫画のイメージに合わせて帯がレシートになっていたり、本のタイトルに合わせてその関連のイラストがたくさん書かれていたり、本の内容だけではなくたくさん楽しめます! 私が彼女を知ってから持っていた本の装丁担当者を見てみると名久井さんの作品であった本がたくさんありました。みなさんもお持ちの本や書店で目を引いた作品の装丁担当者さんを見てみてください。もしかして名久井さんの作品かもしれません。そうであったらぜひさまざまな工夫や仕掛けをさがしてみてください! 名久井直子さん ツイッター  https://twitter.com/shiromame    S.T  

TAGS of TOPICS

続きを読む
TOP