MENU

1 CLICKイチクリ

想像力膨らむ、華道の世界!

こんにちは! みなさんは生け花を間近で見た事がありますか?写真でしか見た事がない、 お堅い印象があるなど、親しみがない人が多いのではないでしょうか。 image image わたしは先日、友人に誘われて初めて生け花を見に行きました。 現在目黒雅叙園で行われている、「華道家 假屋崎省吾の世界〜百花撩乱〜」では、東京都有形文化財である 百段階段に生け花が飾られています。百段階段に踏み入れると、木のにおいと昔の家のにおいが 香ってきて、とても落ち着いた良い気分になりました。 雅叙園の和室の内装は、ジブリ映画「千と千尋の神隠し」の舞台になっています。 ジブリファンの私は、建物にも感動してしまいました! 私の生け花のイメージは、土台があって可憐で美しいけど、少しとっつきにくい印象がありました。 しかし実際見てみると、花だけではなく流木や白樺、着彩した木、花梨やザクロといった果実までもが 作品に使われていて、美しいだけでなく、とても迫力があり楽しめました。   さらに驚いたのが、作品のところどころに、絵本「こびとづかん」の小人たちがいるのです! 作品の木に股がっていたり、引っかかっていたりしました。とっても可愛かったです! 生け花とキャラクターの異色のコラボレーションに驚きましたが、より楽しんで鑑賞する事ができました。 「自然の産物である花や木を使い立体的に作品を創り、表現する華道を通じて、現代の子供たちに欠けている”想像力”を培ってほしい」という假屋崎さんの願いと、 「コビトの存在を通して、生き物や物事への興味・好奇心を培ってほしい」という「こびとづかん」の願いが交差し、このコラボレーションが実現したそうです。 私も今回鑑賞してみて、もっと若い年齢層の人たちにも見てもらいたいなと感じました。 展覧会は今週の日曜日26日までとなっているので、興味のある方はお早めにどうぞ♪   ●目黒雅叙園HP https://www.megurogajoen.co.jp/event/kariyazaki/index.html/ ●こびとづかんHP http://kobitos.com/ja/news/index.html?id=57 a.t    

続きを読む