MENU

詩と絵本の世界

こんにちは! 皆さんは絵本というとどんな作品を思い出しますか? お気に入りのイラストやキャラクターなどはもちろんですが、文章も魅力の一つですよね。 今回紹介するのは多くの絵本作品を手がける詩人谷川俊太郎さんの作品を集めた本「谷川俊太郎 詩と絵本の世界」です。   谷川俊太郎さんが手がけた絵本は、国内の創作絵本と海外作品の翻訳を合わせて約300冊にもおよびます。 今回はそれらのほとんどをこの一冊に収録しただけでなく、谷川さんと多くの画家やイラストレーターとのコラボ作品も掲載。 また写真や絵と組み合わせた詩画集の紹介や、清川あさみさんや宇野亞喜良さんと谷川さんの対談も載っていて読みごたえも十分です。 詩と絵本               オリジナル作品から海外作品の翻訳まで、谷川さんの手がけてきたほぼすべての絵本作品が収録されているこの一冊、資料性も高いものになっています。 読書の秋、谷川俊太郎さんの詩の世界に浸ってみるのはいかがでしょうか。       y.k  

続きを読む