ゲーム2014.09.10

ニートが社会をオモシロくする

こんにちは! 突然ですが、みなさんは「NEET(ニート)」が何の略語か正しく言えますか? NEETとは、「Not in Education, Employment or Training」の略です。つまり就学・就労・職業訓練をしていない人のことですが、昨年、ニートの人たちのみによる会社が誕生し、注目を集めました。仕事してるならニートじゃないんじゃ…?と思ってしまうところですが、構成員全員が取締役で、「雇用されている」人はいないので皆ニート、ということだそうです。 事業内容は「一切の事業」。 パーティ事業部、ニートドリンク、拾い物事業部、占い事業、Tシャツ事業部、探検隊(仮)…。名前だけでは何をやっているか分からないものだらけですが、開発された商品で気を引いたのは、「30歳ニートが人生詰んだので作ったゲーム」。プレイヤーはニートとなって、何気ないニート生活を送るボードゲームです。インパクトのあるタイトルからは、開発者の哀愁と、逆境にめげない粘り強さを感じます。

「30歳ニートが人生詰んだので作ったゲーム」

公式HPより

以下は、2013年4月にスタートしたNEET株式会社(仮称)プロジェクトの企画者および代表取締役会長である、若新(わかしん)雄純さんの言葉です。

ぬるくて気だるい。そんな、成熟し閉塞した日本の社会をちょっとでも面白くしていくには、違和感を抱えてはみ出してしまったアブノーマルでマニアックな少数派が、多少の冗談や遊び心も交えて、新しいビジネスやワークスタイルを実験的に模索していくことが必要だと考えています。 何が答えなのかはまだわかりません。だからこそ、あえて主従関係や細かいルールなどがない無秩序で混沌とした状況の中から、「新しい何か」を生みだすべく試行錯誤しています。(公式HPより引用)

ホームページを見るだけでも、なんだか面白そうなことをしようとしているな、と感じました。まだまだ若い会社のようなので、先が見えない分、誰にも予想できないことにチャレンジしていけると思います。何より、社会人の模範からはみ出てしまった人たち、仕事はつまらないものだと思っている若い人たちに、生き方・仕事は無限大だと思わせるパワーを感じました。 この記事だけじゃ会社のイメージが湧かない!という方は、ぜひ公式ホームページをのぞいてみてください! 公式HP:http://neet.co.jp/ m.k

TAGS of TOPICS

続きを読む
TOP