職種その他2014.02.02

浅草六区再生プロジェクト

こんばんは!本日は天気があまり良くなかったですね。はやく暖かくて爽やかな春が来て欲しいです! さて、本日は浅草でのクリエイティブなニュースです。東京・台東区の浅草六区誕生130周年記念事業「浅草六区再生プロジェクト For the future of the "Rock"」の一環として1月31日、ビートたけしさんの描いた絵画をベースにした、シンボルマークがお披露目されました。 image シンボルマークは、たけしさんが描いたユーモラスな画を用いたデザイン。六区ブロードウェイ商店街振興組合熊澤永行代表理事によれば、たけしさんにシンボルマーク制作協力を依頼した際、「画家じゃないから……」と謙遜しながらも「肖像権や著作権はいらない。これで通りが有名になってくれればいい」と話し、快諾してくれたそうです。 とても素敵なエピソードと大変ユーモラスなシンボルですね! シンボルマークは歴史資産と融合し、未来に向けた興行街として変貌する浅草六区の周知を狙って制作されたもので、記念フラッグやバルーン人形が設置されるほか、街歩き用に浅草六区の歴史を解説した「浅草今昔マップ」が商店街はじめ各所で配布されるそうです。 東京の下町、ぜひ訪れてはいかがでしょうか。 s.s

続きを読む
TOP