グラフィック2013.08.20

今を生きる文化

8月も残り少なくなってきましたね。 本日は、ポップアートの「モナリザ」とも称される、アンディー・ウォーホルの最高傑作が日本に上陸し、話題を呼んでいる「アメリカン・ポップ・アート展」についてご紹介します。 国立新美術館で開催されている「アメリカン・ポップ・アート展american   アメリカのポップ・アートは、1960年代以降、21世紀の現在に至るまで、美術にとどまらずさまざまな分野において、今を生きる文化が生み出される前提の一つであり続けています。 アンディ・ウォーホルをはじめとする巨匠たちの熱気あふれる芸術に触れる待望の機会です。 何か気づきのきっかけになるのではないでしょうか。   アメリカン・ポップ・アート展http://www.tbs.co.jp/american-pop-art2013/info/ y.s

続きを読む
TOP