「色」に迷ったとき、自然に触れてみよう!季節感は大切にすること

愛知
webライター
自然の色合い
しおり

クリエイティブな仕事をしていると、「色」について迷うときが多いのではないでしょうか。

DTPの仕事をしていたころ、

「ここの文字を目立たせるためには、周りはどういう色にすればいいのか」

「使いたい色が会社のカラーに合わない・・・」

「この季節らしい色とは?」

など、色合いについて毎日頭を悩ませていた気がします。

 

特に季節に合った色合いって大事ですよね。たとえば、秋のイベントの宣伝なのに青やピンクを使用すると、秋らしさが全く出ません。日本は春夏秋冬と季節を感じることのできる素敵な国なので、季節感は大切にしたいものです。そこで私は、自然の色を見本にすることがあります。趣味の山登りをしていると、季節によって山が見せてくれる色合いは全く違うでの紹介していきます。

 

【春】

春といえば、パステルカラーが似合いますよね。厳しい冬の寒さから暖かくなってきて、桜などの花がチラホラ咲く様子をパステルカラーが表してくれます。

spring

 

【夏】

夏はすっきりと晴れた青空、青空に映えるもくもくとした真っ白な雲、青々とした緑、ギラギラと照らしてくれる太陽のオレンジなど原色が力強くて元気な季節の様子を表してくれますね。

summer

 

【秋】

夏が過ぎて青々としていた緑が赤や黄などに紅葉して、太陽の位置も傾き涼しくなり、なんだか寂しい感じを現してくれるのが暖色系の色です。

autumn

 

【冬】

長くて厳しい寒さが続く冬は、しんしんと降る雪の白、キンと空気が張り詰めた様子は青系の色が表してくれます。

winter

 

このようにして、自然界が見せてくれる色は全く違います。色合いや季節らしさについて迷ったときには、ぜひ自然に触れてみてください。リフレッシュできるとともに、仕事のいいヒントにも繋がるかもしれませんよ!

プロフィール
webライター
しおり
経理事務からDTPを経て、web業界でやっていきたいと思いwebライターに転職。まだまだひよっ子ライターですが、一生懸命ライティングしていきたい。

日本中のクリエイターを元気にするメディアクリエイターズステーションをフォロー!

TOP