• サイトトップ
  • ニュースリリース
  • IoTボタンの次は「IoTテンキー」! クラウドに「数字」を簡単記録、「数字」で様々な連携を実現する「TENKit (テンキット)」が新登場。本日(9/18)より販売開始!
プロダクト2019.09.20

IoTボタンの次は「IoTテンキー」! クラウドに「数字」を簡単記録、「数字」で様々な連携を実現する「TENKit (テンキット)」が新登場。本日(9/18)より販売開始!

京都
てとてとて合同会社

IoTボタンの次はIoTテンキー! ITベンチャー企業の「てとてとて合同会社」は、「テンキー」を簡単に「IoT化」し、クラウド連携を実現できる「TENKit( テンキット )」を開発し、本日(9月18日)より販売を開始しました。「TENKit」では、テンキーに入力した「数字」を、すぐに、直接、簡単に、Googleスプレッドシートに記録したり、Google Apps Script、IFTTT 、AWS Lambdaと連携できます。これら多様なクラウドサービスとの連携により、家庭での個人利用のみならず、オフィスや工場での利用、業務システムなどへの組み込みも行えます。また、その用途も無限大。クリック情報しか送信できないIoTボタンと異なり、「数字」を連携の起点情報として送信できるため、社員のタイムカード、テレビやエアコンの操作、LINEやメール送信など多様な連携が実現できます。さらに今話題のGoogle Homeを活用する機能も用意。どのように利用するかはアイデア次第です。是非、便利な使い方を発見してください。

 

ITベンチャー企業の「てとてとて合同会社」(本社:京都市、代表社員:下坂久司)は、「テンキー」を簡単に「IoT化」し、クラウド連携を実現できる「 TENKit( テンキット https://tenkit.jp/ )」を開発し、本日(9月18日)より販売を開始しました。

「 TENKit 」では、テンキーに入力した「数字」を、すぐに、直接、簡単に、Googleスプレッドシートに記録したり、Google Apps Script、IFTTT 、AWS Lambdaと連携できます。これら多様なクラウドサービスとの連携により、家庭での個人利用のみならず、オフィスや工場での利用、業務システムなどへの組み込みも行えます。

現在、サービス連携の起点となるIoTデバイスとして、AWS IoTエンタープライズボタンなどに代表される「IoTボタン」が注目されています。一方で、IoTボタンではボタンのクリック情報のみしか送信できず、その用途は限定的です。TENKit では「数字」を情報として送信でき、その用途は大変幅広く、とても便利に利用することができます。

TENKit のシステムの全体像は次の通りです。今話題のGoogle Homeを活用して、より快適に使用できる機能も用意しています。

 

TENKit では、具体的に次のようなことを簡単に実現することができます。 

 

1. 簡単入力で「数字」を記録

 テンキーで入力した内容をGoogleスプレッドシートに簡単に記録できます。

< こんなことに利用できます>
社員のタイムカード、日々の体重や使ったお金を記録、工場の温度や湿度を記録 

  2. テンキーで家電を操作
 「Nature Remo」などの家電コントローラーと連携すれば、テンキーで家電も操作できます。

< こんなことに利用できます>
テレビのチャンネルやAV機器を操作、照明の明るさやエアコンの温度を指定 

3. IFTTT & LINEと連携
IFTTTを通じてLINEなど様々なサービスと連携できます。
「ポケベル」モードを使えば平仮名も送信できます。 

 < こんなことに利用できます>
 テンキーで数字や平仮名をLINEに送信、メールやSMSなどとの連携 

4. AWS Lambdaと連携
 AWS Lambdaを通じて、高度な連携を実現できます。

  < こんなことに利用できます>
会社のデータベースに保存、業務システムとの連携
 
さらに、TENKit を便利に快適に使えるこんな機能も用意しています。
複数のテンキーをつないでお得に便利に、モニター & Google Homeとの併用をお薦めします。

 

 

 1. 複数のテンキーの入力をモニターで確認
 1台のTENKit には、種類の異なる複数のテンキーを接続できます。
また、モニターを接続すると、各テンキーの入力内容を画面上で確認できます。
 
 2. 送信した内容をGoogle Homeがお知らせ
 同一ネットワーク上にGoogle Homeがある場合、クラウドに送信した入力内容を、Google Homeが音声で再生します。

3. 数字を平仮名に変換「ポケベル」モード
「*2*2」で始まる数字を平仮名に変換。
数字だけでなく、平仮名メッセージでの連携や記録も行えます。

 

どのように利用するかはアイデア次第です。是非、便利な使い方を発見してください。



【 TENKit について 】

TENKit は、テンキーをIoT化し、クラウド連携を実現する最新キットです。テンキーに入力した「数字」を、すぐに、直接、簡単に、Googleスプレッドシートに記録したり、Google Apps Script、IFTTT 、AWS Lambdaと連携できます。

社員番号を入力してタイムカード代わりに利用したり、使ったお金や日々の温度・湿度の記録、テレビやエアコンなどの家電操作、LINEやメールの送信、データベースや業務システムとの連携まで、アイデア次第で様々なことに利用できます。是非、便利な使い方を発見してください。

販売サイト : https://tenkit.jp/
販売価格 : 税抜 16,000円 (税込 17,280円)



【 Googleスプレッドシート & Google Apps Script について 】

Googleスプレッドシートは、Googleにより提供されているオンライン(クラウド型)の表計算ソフトです。Google Apps Scriptは、Googleスプレッドシートなど、Googleが提供する代表的なサービスと自由に連携させて利用できるプログラミング言語です。TENKit では、テンキーをGoogleスプレッドシート、Google Apps Scriptそれぞれと簡単に連携できる機能を提供しています。

URL : https://www.google.com/intl/ja_jp/sheets/about/ 
URL : https://developers.google.com/apps-script/



【 IFTTT について 】

IFTTTは、LINEやTwitterなどをはじめとする数百ものWebサービス同士を相互に連携することができるサービスです。IFTTTは「IF This Then That」の略で、「This」した時「That」するという形の「アプレット」をユーザが自由に作成することができます。TENKit では、テンキーからの入力をIFTTTのトリガー(This)として利用できる機能を提供しており、IFTTTの多様なWebサービスをアクション(That)とする様々なアプレットを作成することができます。

URL : https://ifttt.com/



【 AWS Lambdaについて 】

AWS Lambdaは、アマゾンが提供するウェブサービスの1つで、イベントドリブンなアプリケーションを簡単に構築できるサービスです。TENKit では、テンキーからの入力をAWS Lambdaのイベント(トリガー)として利用できる機能を提供しています。AWS Lambdaをサポートすることで、データベースや業務システムなどとの高度な連携が可能になります。

URL : https://aws.amazon.com/jp/lambda/



 ​【 てとてとて合同会社 について 】

社名 : てとてとて合同会社
設立 : 2016年12月
所在地: 京都市伏見区奉行前町3番 104号室
代表者: 代表社員 下坂 久司
事業内容:AI、IoT、クラウド、スマホなどのアプリ・サービス開発、WEBデザインならびにWEBマーケティング、最新のIT技術の調査レポート
URL: https://teto.tech/



【 本件に関するお問い合わせ先 】

社名 : てとてとて合同会社
担当者名: 下坂久司
メールアドレス: teto@teto.tech
URL: https://teto.tech/

 

本記事に関するお問い合わせ:てとてとて合同会社

あなたの会社のニュースを掲載しませんか?

ニュースへの新規掲載お申込み(無料)

日本中のクリエイターを元気にするメディアクリエイターズステーションをフォロー!

TOP