映像2019.05.17

映画「ブルーヘブンを君に」撮影快調! 主演の由紀さおりさんらが会見

岐阜
「ブルーヘブンを君に」製作委員会

5月7日にクランクインした岐阜を舞台にした映画「ブルーヘブンを君に」の会見が、ロケ地となっている河本バラ園(大野町)にて行なわれました。
会見では秦建日子監督、主演の由紀さおりさん、BOYS AND MENの小林豊さん、本田剛文さん、そしてヒロインの柳ゆり菜さんが、撮影への意気込みを語りました。

【秦建日子監督】
無事にクランクインしまして、天候にも恵まれてここまで順調に撮影をしております。
地元を盛り上げる素晴らしい映画を皆様にお届けできたらと思っておりますので、応援のほどよろしくお願いします。

~岐阜での撮影の手ごたえは?~
地元の熱やバックアップがすごくて、朝から手作りの朝ごはんや、お昼ご飯は炊き出しをしてくださり、撮影が早く終わったらキャスト・スタッフを温泉にも連れて行ってくださり、と恵まれた環境で撮影をさせていただいています。
地元の熱に背中を押していただいて、非常にエネルギッシュに撮影ができています。

【由紀さおりさん】
地元の方の熱い声援と支えをいただいて、集まってくださったスタッフのみなさんも暑い中大変なんですけど、和気藹々と楽しく順調に今日まで進んでまいりました。
歌をうたうために岐阜には何度も伺っているのですが、その時とは全く違った岐阜を今回は見せていただいて感激しております。
人生の一番の喜びは「出会い」だと思っております。
この映画で岐阜の沢山の素敵なところに出会えましたので、これらをご紹介できるような映画になったらいいなと本当に心から思いましたし、 応援してくださる地元の企業の皆様の熱い想いも感じることができ、楽しく仕事をさせていただいております。

【小林豊さん】
僕たちにしかできないことが、この作品にはあるのではないかと思って、気持ちをこめて岐阜創生ということも考えながら演じさせていただいております。
僕たちが感じている岐阜の素晴らしいところがフィルムに映っていると思うので、素敵な景色も皆さんに見ていただいて、映画と共に心が癒されるような、そんな作品が作れたらと思っております。

【本田剛文さん】
撮影が順調に進んでいて、それだけチームワーク・現場の雰囲気も良くて、作品が着々と出来上がっている状況です。
観ていただいた方に、生きていくということに対して素敵な追い風が吹くような作品になりそうなので、楽しみです。
青が映える作品で映像的にもとてもきれいだと思うので楽しみにしてください。

【柳ゆり菜さん】
由紀さんの持つパワーと主人公の強さとしなやかさとエネルギッシュな部分があいまって
私自身も引き込まれています。
岐阜の人々の素晴らしさに触れて感動しております。
人を元気にできるエネルギー補給映画になるのではないかと予感しております。

【秦建日子監督】
~一番力を入れているポイント、テーマは?~
役者さんたちが現場で生み出すハーモニー、コラボレーションを大事に撮影していけたらと思っております。
出演されている皆様が岐阜の土地を愛しているので、ギフトのハーモニー、役者同士のハーモニーを丁寧に映した映画にしたいと、それだけを考えて毎日撮っています。

この作品は世界で初めて青い薔薇「ブルーヘブン」を作られた河本純子さんをモデルにしたオリジナルストーリー。
撮影は5月末まで行われる予定です。
2020年公開予定。
「ブルーヘブンを君に」製作委員会

本記事に関するお問い合わせ:株式会社フェローズ

日本中のクリエイターを元気にするメディアクリエイターズステーションをフォロー!

TOP