MENU

マルセル・デュシャンと日本美術

イベント
マルセル・デュシャン 《泉》 1917/1950年
Philadelphia Museum of Art. 125th Anniversary Acquisition. Gift (by exchange) of Mrs. Herbert Cameron Morris, 1998
© Association Marcel Duchamp / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2018 G1311

マルセル・デュシャン(1887-1968)は、伝統的な西洋芸術の価値観を大きく揺るがし、20世紀の美術に衝撃的な影響を与えた作家です。

この展覧会は2部構成で、第1部「デュシャン 人と作品」では、フィラデルフィア美術館所蔵の世界に冠たるデュシャン・コレクションより、油彩画、レディ・メイド、関連資料・写真など、計150余点によって、彼の創作活動の足跡をご覧いただきます。デュシャンの革新的な思想に触れることで、知的刺激に満ちることでしょう。
第2部「デュシャンの向こうに日本がみえる。」展は、東京国立博物館の日本美術コレクションで構成、もともと西洋とは異なった社会環境のなかで作られた日本の美術の意味や、価値観を浮かび上がらせ、日本の美の楽しみ方を新たに提案しようとするものです。

デュシャンの作品を日本美術と比べて見ていただく世界ではじめての試みです。 この展覧会では「芸術」をみるのではなく「考える」ことで、さまざまな知的興奮を呼び起こしてください。

▼5組10名様にチケットをプレゼント!
ご応募は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございます

開催概要

会 期: 2018年10月2日(火)~12月9日(日)
会 場: 東京国立博物館 平成館 特別第1・2室
休館日: 月曜日(10月8日[月・祝]は開館)、10月9日(火)
開館時間:9:30~17:00 ただし、金・土曜日、10月31日(水)、11月1日(木)は21:00まで(入館は閉館の30分前まで)
観覧料金:一般1,200(1,000/900)円、大学生900(700/600)円、高校生700(500/400)円、中学生以下無料
*( )内は前売り/ 20名以上の団体料金
*障がい者とその介護者一名は無料です。入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。
くわしくは、展覧会公式 サイトをご覧ください。

続きを読む