MENU

Relight Days 2018 2018年3月11日~13日まで3日間

イベント

東日本大震災の発生から7年目にあたる2018年3月11日(日)から3月13日(火)までの3日間、港区六本木に設置されている、現在消灯中のパブリックアート『Counter Void』(作者:宮島 達男、2003年/テレビ朝日所蔵作品)を再点灯する「Relight Days 2018」が開催されます。

「リライトプロジェクト」は、東日本大震災の記憶を風化させず今を生きる私たち一人ひとりが生きることに向き合う機会をつくるために「Relight Days」を2016年から開催してきました。しかし、東日本大震災から7年が経過し社会の状況が変化する中、新たな形でこのテーマに向き合う必要があると考え、3回目となる今回を最後に「Relight Days」の開催終了を決定いたしました。

「Relight Days」として『Counter Void』を再点灯する最後の3日間。「生と死」をテーマに六本木の街を静かに照らす作品に光を灯し、一人ひとりが生きることを考える時間をつくりだします。

●クリエイティブ好奇心 Vol.123
アートと社会の関係を考えるアートプロジェクト Relight Project

開催概要

会 期: 2018(平成30)年3月11日(日)~3月13日(火)
会 場: 六本木ヒルズけやき坂「Counter Void」前(東京都港区六本木6-9-1)
点灯時間:3月11日(日)14:46~23:59
     3月12日(月)10:00~23:59
     3月13日(火)10:00~23:59
     ※3月11日(日)の15:00~20:00にかけてワークショップ「3.11が■ている。」を開催します。
入場料: 無料
くわしくは、リライトプロジェクト サイトをご覧ください。

続きを読む