MENU

「FUTURE CULTIVATORS PROGRAM 2017」最終作品発表会

イベント

2015年より始動し、本年で3年目を迎える次世代アーティストの支援プログラム「FUTURE CULTIVATORS PROGRAM 2017」の最終作品発表会が、2017年10月15日(日)に青山安田ビル(B1F)にて開催されます。

講師:椿昇氏(現代美術家、京都造形芸術大学芸術学部美術工芸学科教授)

   

「FUTURE CULTIVATORS PROGRAM 2017」は、分野を問わず本気でアーティストを志す人々を支援するプログラムで、第3弾となる本年は、現代美術家として活躍し京都造形芸術大学芸術学部美術工芸学科教授を務める椿昇氏を講師に迎えて開催しています。事前の書類審査を通過した15名を対象に東京でのワークショップを実施、さらにワークショップ参加者の中より優秀者に選ばれた8名は京都での1泊2日のフィールドワークを経て、本年の作品テーマ『脱皮』をもとに作品を制作し、最終作品発表会にてプレゼンテーションを実施します。当日は現代美術家の椿昇氏、恵林寺住職古川周賢氏を審査員に迎え、候補者8名の作品の中より本年の最優秀作品を発表する他、椿氏と古川氏によるスペシャルトークセッションを行います。

        

開催概要

会 期: 2017年10月15日(日)開会15:00(受付開始14:30~)/ 閉会18:00予定
会 場:青山安田ビルB1F(〒107-0052 東京都港区赤坂7丁目1−1 青山安田ビル)
内 容:◎候補者8名による作品プレゼンテーション
    ◎最優秀作品発表 / 個別評価
    ◎講師・ゲストのトークセッション
     トークテーマ:日本人が海外で活躍するために、「禅」がどのように活きてくるのか
    ◎アフターパーティー
くわしくは、公式サイトをご覧ください。

続きを読む