MENU

リノベーションまちづくりサミット2017

まちづくりの最前線で活躍する実践者達が集い、カンファレンス形式でまちづくりの今とこれからを語り合うイベントが開催されます。全国で行われるリノベーションまちづくりと新しい産業、戦略的都市政策や交通政策、公共空間、メディア、ファイナンスなど、様々なテーマをもとに実践者達がリアルな議論を交わします。

リノベーションまちづくりは、2010年に北九州の小倉魚町ではじまりました。地方都市駅前の中心市街地にある商店街エリアの遊休不動産を活用するリノベーションスクールをエンジンとしながら、次々と狭いエリアにリノベーションプロジェクトを生み出しました。直接的に生み出されたリノベーションプロジェクトは22件、作り出した雇用は新規創業・雇用合わせて445人、商店街の歩行者通行量は3割増加し、魚町サンロード商店街アーケードの撤去と民間不動産活用を契機にして国家戦略特区の指定を受けたストリートは賑わい取り戻しました。

「リノベーションまちづくりサミット」では、ここでしか聞けないリアルなまちづくりの話が盛りだくさんです。この機会に、まだ形式化されていないノウハウを構築するプロセスをぜひ体感してください。

開催概要

会 期: 2017年4月14日(金)- 16日(日) 会 場: 3331 Arts Chiyoda 開館時間: 11:00 - 21:00(日によって時間は変動します) くわしくは、リノベーションまちづくりサミット2017公式サイトをご覧ください。

続きを読む