MENU

ジオ・コスモス コンテンツ コンテスト

コンテスト

 「ジオ・コスモス コンテンツ コンテスト」は、多角的な視点から生命と地球の未来を考える日本科学未来館の「つながり」プロジェクトの一環として開催するものです。プロジェクトの基幹ツールである球体ディスプレイ「ジオ・コスモス」の新たな可能性や表現方法を切り拓くことを目指し、2014年から始まりました。前回までの開催では、応募作品の中から、選ばれた大賞作品をジオ・コスモスの常設コンテンツとして1年間上映しました。 3回目の開催となる今回は、募集部門を従来の「映像」に加え、「ライブコンテンツ」「アイディア」の2部門を新設。対象となるクリエイティブの領域を拡大し、幅広い層の学生・クリエイターの皆さまへ向けて作品を募集します。

募集要項

募集期間: 2016年12月9日(金)~2017年2月15日(水)18時〆切 審 査: 2月下旬~ 最終審査および授賞式: 2017年6月3日(土) 展 示: 6月下旬~

応募資格: 企業・団体あるいは個人・グループ、年齢、性別、職業、国籍は問いません。

テーマ: 目に見えないもの / Invisible reality

部 門: <映像部門>ジオ・コスモスで上映する、約1分の映像作品 <ライブコンテンツ部門>ジオ・コスモスでリアルタイムに映像生成と上映が可能なアプリケーションプログラム <アイディア部門>「ジオ・コスモス」及び「シンボルゾーン」などの展示空間を使ったアクティビティやイベントのアイディア

審査員:  <映像部門・ライブコンテンツ部門>小久保英一郎、辻川幸一郎、長谷川踏太、脇田玲 <アイデア部門>上田壮一、鈴木おさむ、高橋桂子、土佐信道、毛利衛

各 賞: 映像部門・ライブコンテンツ部門の大賞作品は、ジオ・コスモスの常設コンテンツとして1年間、未来館で上映されるほか、未来館の公式WEBサイトでの動画公開やメディア掲載での紹介を予定しています。アイディア部門の一次審査通過者は、1年間、未来館にてパネル展示されます。

くわしくは、Miraikan公式サイトをご覧ください。

続きを読む