MENU

中村至男展

イベント
シンプルで明快、そしてフラットな形と色面のデザインが印象的な中村至男。ソニー・ミュージックエンタテインメント在籍中に、同社からデビューした明和電機の一連のグラフィックを手がけ、世の中に鮮烈な印象を与えました。さらに、PlayStationゲーム「I.Q」、「勝手に広告」など、佐藤雅彦と組んだプロジェクトの数々をはじめ、雑誌「広告批評」、日本科学未来館のグラフィック、21_21 DESIGN SIGHT「単位展」のメインビジュアルを手がけるなど、グラフィックデザイナーとして独自のスタンスで活動を続けています。 そして近年は、初めての絵本「どっとこどうぶつえん」が、イタリアのボローニャ・ラガッツィ賞優秀賞を受賞。グフィックデザインの斬新かつ優れた絵本の作り手として高く評価され、「みること」「わかること」の楽しさを、世界中の子どもたちに届けています。 中村至男の初めての個展となる本展では、新作に加え、これまでまとめて見ることのなかった25年を超えるデザインワークを一挙にご紹介しています。1990年代から今にいたるまで、中村作品が持つユニークな強さと、コンセプチュアルかつナンセンスな世界を会場で感じていただけます。

開催概要

会 期: 2017/01/13(金)~2017/02/16(木) 会 場: クリエイションギャラリーG8(東京都中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル1F) 休館日: 日曜日・祝日 開館時間:11:00~19:00 入場料: 無料 くわしくは、クリエイションギャラリーG8 サイトをご覧ください。

Tags:
続きを読む