MENU

art trip vol.02 この世界の在り方 思考/芸術

イベント

芦屋市立美術博物館が、「思考」について考える展示を開催します。 見えるものと見えないものの関係性をテーマに1960年代から国内外で活躍する河口龍夫、 刺繍作品や彫刻、アニメーションなどの手法で日常の断片を紡ぎ出す伊藤存、 映像や文字や音のズレから意識の焦点を揺り動かす小沢裕子、 自然光や電灯などあらゆる光を収集し、それらを構成要素とする映像作品を発表する前谷康太郎。 一つの視点で物事をとらえる危うさは大きく、この世界が向き合っている真実を見据え、見えない部分を想像し、 多様な視点で認識するための力の重要性はますます高まるでしょう。 彼らが生み出す作品から、見える事実とその向こう側にある真実に触れてみてはいかがでしょうか?

開催概要

会 期: 2016年12月10日(土)- 2017年2月12日(日) 会 場: 芦屋市立美術博物館、エントランスホール、第一展示室、第二展示室 休館日: 月曜日(但し、1/9は開館、1/10は休館)、年末年始(12/28-1/4) 開館時間:10:00 - 17:00(入館は16:30まで) 入場料: 一般600(480)円、大高生500(400)円、中学生以下無料 ※同時開催「昔の暮らし」展の観覧料も含む ※( )内は20名以上の団体料金 ※ 高齢者(65歳以上)および身体障がい者手帳・精神障がい者保健福祉手帳・療育手帳をお持ちの方ならびに その介護の方は各当日料金の半額になります ※観覧無料の日:12月25日(日)、2017年1月22日(日) くわしくは、芦屋市立美術博物館サイトをご覧ください。

Tags: , , ,
続きを読む