MENU

CREATIVE HACK AWARD 2016

コンテスト

WIRED主催によるクリエイティヴアワード「CREATIVE HACK AWARD 2016」 が作品を募集中です。

4年目を迎える今年の課題は、 「日常をハックせよ!」。 普段、 「あたりまえ」と感じていることや社会が自ずと「あたりまえ」と認めている日常の中に、 もしかするとクリエイションやイノヴェイションを妨げる一因が潜んでいるのかもしれません。  そんな日常のさまざまな領域に潜む「あたりまえ」の構造を見極め、 ハックすることで新たなパースペクティヴを見出す。 そんなクリエイティヴの「新しい領土」の発見者、 そして作品を広く募集します。

募集要項

課題: 日常をハックせよ! 応募締切: 2016年9月30日(金)24:00 募集部門: グラフィック[2Dおよび3D]         ムーヴィー[実写およびアニメーション]※1         3Dプロダクト[デザイン、 実物]         アイデア[グラフィック、 実写ムーヴィー、 アニメーション、 3Dプロダクト問わず]※2         ※1 実写とアニメーションの定義に関しては、 応募者の選択によります         ※2 ビジネスプランとして提出すること 応募資格: 年齢不問/社会人、 学生不問 ※グループも可            ただし法人としての応募は不可          未発表作品に限ります。 1人(1グループ)5作品までの応募とさせていただきます。 賞: グランプリ 1名/準グランプリ 1名/グラフィック部門賞 1名/ムーヴィー部門賞 1名/3Dオブジェクト部門賞 1名    アイデア部門賞 1名/パブリック賞 1名/ヤングクリエイター賞 1名/ベストプレゼン賞 1名 副賞:グランプリと準グランプリの方には、 海外のクリエイティヴシーンを視察するCREATIVE HACK TOURへご招待。 (予定) ソニーSONYデジタル一眼カメラ「α7S II」とレンズ(グランプリ)、 ソニーSONYデジタルスチルカメラ「RX1R II」(準グランプリ)の他、 各賞ごとに、 液晶ペンタブレット「Cintiq」シリーズ、 もしくはペンタブレット「Intuos Pro」シリーズを贈呈。 ※各賞の詳細についてはウェブサイトにて順次記載します。 ※各賞については「該当なし」となる場合があります。 発表/授賞式: 11月下旬(予定)  審査員: 齋藤精一(ライゾマティクス代表取締役/クリエイティヴ&テクニカル・ディレクター)        笠島久嗣(イアリンジャパン取締役)        水口哲也(レゾネア代表/慶應義塾大学大学院KMD特任教授)        佐々木康晴(電通CDC専任局長/エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター)        クラウディア・クリストヴァン(AKQA Tokyoグループクリエイティヴディレクター)        福原志保(アーティスト/バイオデザイナー/BCL & Biopresence Co. Founder)        落合陽一(メディアアーティスト/筑波大学助教/デジタルネイチャー研究室主宰/VRC理事)        長谷川豊(ソニー株式会社クリエイティブセンター センター長)        若林恵(『WIRED』日本版編集長)

詳細はウェブサイト http://hack.wired.jpでご確認ください。

続きを読む