スペース2019.04.22

VRクラウド「スペースリー」で3DキャドソフトWalk in homeから高品質なクラウドVRコンテンツが数秒で制作可能に

東京
株式会社スペースリー

〜スペースリー社、DTS社、安心計画社での共同開発で共有計画の機能として2019年4月より提供開始〜

どこでもかんたんVRのクラウドソフト「スペースリー」は、DTS株式会社と株式会社安心計画との共同開発により、3D住宅プレゼンCAD「Walk-in Home Plus(ウォークインホーム・プラス)」で設計した空間をワンクリックで書き出し、高品質なクラウドのVRコンテンツがスペースリーでかんたんに自動で制作することが可能となりました。

これまでWIHから書き出したデータをクラウドのVRコンテンツにするためには、個別シーンの書き出しやアップロード、間取り図の設定など10分ほどかかっていました。今回の連携により、それがわずか数秒ほどで可能となります。WIHでデザインした空間をお客様と簡単に共有するなどして営業マーケティングに活用する要望が高いものの、そのコンテンツ化の手間は大きな問題でした。今回の連携は、新たな機能として、安心計画の提供する共有計画の1機能として2019年4月より提供が開始されます。

デモ動画:https://youtu.be/wg9uskV3_Ic

ライフスタイルの消費者嗜好が多様化してきたことを背景に、住宅、リフォーム業界ではこれまで以上に顧客との対話力・提案力が求められています。スペースリーで制作されたクラウドのVRコンテンツを活用することで、消費者がデザインした空間を遠隔にながら確認したり、事業者とコミュニケーションを取ることが可能となり、事業者にとっても消費者にとっても利便性が向上します。

2019年3月に開催された建築建材展やジャパン建材フェアでデモを体験した方々からは好評で、「手軽にVRコンテンツをお客様に送れる」、「思ったよりも操作が簡単で、ITが苦手な営業マンでも使えそう」といった反応があり、体験者の5割の方々が、新たな営業提案手法として導入を検討されていました。

今回の連携により、安心計画がサービス提供する約4千社のリフォーム・住宅関連事業者を中心に、リフォーム住宅分野における新たな提案営業手法として360度VRの普及を推進してまいります。

 

【株式会社スペースリーについて】

360度VRコンテンツ制作と活用のためのクラウドソフト「スペースリー」を開発し、2016年11月の開始以来2年間で、不動産・ハウスメーカーなどの分野を中心に2000社以上にサービス提供。スペースリーは、 リーズナブルな価格、 直感的な操作で、 ウェブブラウザ再生可能な高品質のパノラマVRコンテンツを制作・編集・管理、活用までが一括してできるクラウドソフトです。

他にはない遠隔接客機能や、手のひらサイズのVRグラス「カセット」の開発など技術力の評価は高く、2018年4月には、360度空間データや視線データの活用のためのAI x VRの研究開発を推進するためのSpacely Labを設立し、研究開発を推進しています。

会社紹介動画:https://www.youtube.com/watch?v=8jL4K851oJU

あなたの会社のニュースを掲載しませんか?

ニュースへの新規掲載お申込み(無料)

日本中のクリエイターを元気にするメディアクリエイターズステーションをフォロー!

TOP