グラフィック2019.04.24

ベルリンを代表する若手アーティストPIUS FOX ピウス・フォックスの日本初個展開催のお知らせ

東京
株式会社104GALERIE

104GALERIEは、2019年4月13日から5月19日の会期にて、画家ピウス・フォックスの個展「Der Trommler」( 太鼓たたき) を開催いたします。本展は、グリム童話の”太鼓たたき”からインスピレーションを受け、部分的に作品に反映させた最新作〜近年の作品を中心に約30点ほど の中小型ペインティング作品を104GALERIE-Rにて展覧いたします。 12日(金)19:00からのオープニグレセプションにはドイツベルリンよりアーティスト本人も来日いたします。是非オープニングに合わせてご高覧いただけますと幸いです。

  ©️Pius Fox, Luftschlangen, 2019, oil and egg tempera on paper on aluminium, 24 x 18 cm
 ©️Pius Fox, Felder, 2017, Gouache and ink on paper, 26 x 18,5 cm

フォックスは1983年にドイツ、ベルリンに生まれ、ベルリンのUdK(University of the Arts)を卒業し、2010年にはフランク・バドゥール (Frank Badur) 教授の下で学士号を、またゲルハルト・リヒターの元で学んだ後は現在世界的に活躍しているスイスの画家、ピア・フライズ (Pia Fries) 教授の下で修士課程を修了しました。現在もベルリンを拠点に活動しつつ、ニューヨーク、ベルリン、ロンドン、パリなど各国の主要都市で個展・グループ展を 開催しており、世界的に活躍しています。 この度の個展は、SØR Rusche コレクション、Sander Darmstadt 美術館 、Frac Auvergne 美術館などにもその作品をコレクションされているアーティストであるピウス・フォックスを日本に初めてご紹介する機会となります。

©️Pius Fox

色のブロックと交差する直線による画面構成が限りなく抽象画に近いフォックスの作品ですが、その作品からは時折建築・空間的要素も垣間見え、ペインティン グとドローイングの間、抽象と具象の間、形状と文脈の間を絶えず転換しています。何層もの色レイヤーを引っ掻き削ったり、時には奮闘とも言えるペンチメン トのプロセスを経て、抽象的印象から始まった作品は下層部の色とのコントラストと表面の質感により観覧者により深い視覚的効果をもたらします。またフォッ クスにとって色彩の相互作用は極めて重要であり、フェルメールや、フランチェスカ、ルネサンスの巨匠などからも度々色の引用をし、現在の抽象絵画のスタイ ルを確立しています。 本展では、グリム童話の”太鼓たたき”からインスピレーションを受け、部分的に作品に反映させたという最新作~近年の作品を中心に約30点ほどの中小型ペ インティング作品を104GALERIE-Rにて展覧いたします。12日(金)19:00からのオープニングレセプションにはドイツベルリンよりアーティ スト本人も来日いたします。是非オープニングに合わせてご高覧いただけますと幸いです。

[展覧会概要]
Pius Fox「Der Trommler」
会期: 2019年4月13日(土) ー 5月19日(日)
オープニングレセプション: 4 月 12 日 ( 金 ) 19:00 - 21:00
会場: 104GALERIE-R
住所: 104GALERIE-R 東京都目黒区大橋 1-6-4 GARAGE
営業時間:12:00 - 20:00
休廊日: 水曜日
http://www.104galerie.com

本記事に関するお問い合わせ:株式会社104GALERIE

日本中のクリエイターを元気にするメディアクリエイターズステーションをフォロー!

TOP