舞台・ライブ2019.08.11

「倉フェス!2019」注目の第3弾アーティストとして井上苑子、Hilcrhymeを追加発表!

岡山
倉フェス!実行委員会

2019年9月29日に岡山県岡山市にて開催される「倉フェス!2019」の最終追加アーティストを発表しました。今年のフェスは、昨年の大盛況を受けて会場をパワーアップ。飲食店エリアも拡大し、音楽以外にも見どころが満載となっています。7月27日にはチケットの一般発売が各プレイガイドでスタート。

 

倉フェス!2019 第三弾発表アーティスト

屋内型音楽フェス「倉フェス!」を運営する倉フェス!実行委員会は、9月29日(日)にコンベックス岡山 中展示場(岡山県岡山市)にて開催される「倉フェス!2019」に参加する第3弾アーティストとして井上苑子Hilcrhymeの2組を追加発表。2019年の出演アーティスト総勢11組が出揃いました。地元岡山出身アーティストは、吉永拓未、H!dE、RYO-HEY、D_29(DAIKI)の4組。チケットの一般発売もスタートしています。

 

▼ 倉敷の音楽フェス「倉フェス!2019」オフィシャルサイト:http://kurafes.jp/

 

 

■サーカスのような屋内型音楽フェスティバル「倉フェス!2019」

岡山県で2017年より開催されている「倉フェス!」が、2019年はさらにパワーアップして帰ってきます。今年は好評につき会場を倉敷市民会館からコンベックス岡山へ変更し、他県の野外フェスに引きを取らない、地域密着型音楽フェスティバルを目指します。

 

「倉フェス!」は屋内でのフェスのため、雨天での中止、雨に濡れる心配がありません。さらに今年は飲食エリアを拡大し、チケットがなくても飲食エリアは利用可能で、音楽以外に飲食でも本フェスを堪能していただければと思います。出演アーティストも、メジャーなアーティストが多く参加するため、ご家族でも楽しめるイベントとなっています。

 

会場はJR倉敷駅から1駅の場所なので、白壁の町並みで有名な倉敷の観光もあわせて楽しんでいただけます。なお、「倉フェス!2019」は、2018年に起こった西日本豪雨災害の復興チャリティとしても開催、多角的に倉敷に貢献していきます。

 

<第3弾発表アーティスト>

井上苑子、Hilcrhyme

 

<出演アーティスト>

足立佳奈、DREAM MAKER、ハジ→、Hilcrhyme、井上苑子、KAHOH、MACO、X4(ABC順)

 

<地元アーティスト>

吉永拓未、H!dE、RYO-HEY、D_29(DAIKI)

 

■イベント開催概要

公演名:倉フェス!2019

開催日時:2019年 9月29日(日) 15時開場、16時開演、21時終了予定

会場:コンベックス岡山 中展示場(〒701-0165 岡山市北区大内田675)

アクセス:JR山陽本線中庄駅から車で約10分、JR岡山駅からバスで約30分

チケット:指定席6,000円、スタンディングエリア 5,000円

※ステージ前方が指定席・後方がスタンディングエリアとなります。

主催:倉フェス!実行委員会

企画・制作:倉フェス!実行委員会

 

<チケット一般発売情報>

・WEB販売

CNプレイガイド:http://www.cnplayguide.com/kura_fes/

ぴあ:http://t.pia.jp/

ローソンチケット:http://l-tike.com/

セブンチケット:http://7ticket.jp

 

・店頭

CNプレイガイド:ファミリーマート店内Famiポート

ぴあ:ぴあ各店舗、セブンイレブン店内マルチコピー機(Pコード158-153)

ローソンチケット:ローソン・ミニストップ店内「Loppi」(Lコード62072)

セブンチケット:セブンイレブン店内マルチコピー機

 

・電話

CNプレイガイド:0570-08-9999 ※オペレーター対応(10時~18時)

ローソンチケット:中国・四国エリア公演(0570)084-006

※コンピュータ受付、プッシュ回線専用です。

※ご予約の際はLコードが必要です。

※24時間対応(ただし発売日初日は午前10時~)

 

<後援>

倉敷市・倉敷市教育委員会・山陽新聞社・RSK山陽放送・TSCテレビせとうち・OHK岡山放送・RNC西日本放送・KCT倉敷ケーブルテレビ・レディオモモ・FM岡山・FMくらしき

 

 

倉フェス!2019 ポスター

 

 

【一般の方向けのお問い合わせ先】

事務局名:倉フェス!実行委員会

担当者名:吉永

TEL:070-5679-9052(10:00~20:00)

Email:info@kurafes.jp

 

 

 

 

本記事に関するお問い合わせ:倉フェス!実行委員会

日本中のクリエイターを元気にするメディアクリエイターズステーションをフォロー!

TOP