MENU

目指したのは"行くのが楽しい会社"。 社員の責任感や判断力を尊重しています。

東京
株式会社Bright Side Studio 代表取締役 嘉者熊伸夫氏

今回は株式会社Bright Side Studio(ブライトサイドスタジオ)を紹介します。コンピュータグラフィックの企画・製作を中心に活動している同社は、誰もが聞いたことがあるような有名ゲームタイトルにもその技術を提供している実力派集団。一方で、オフィスにたくさん飾られたエアガンやフィギュアは、スタッフの皆さんの遊び心を伝えてくれます。そんなBright Side Studioの経営理念や普段のお仕事について、代表取締役の嘉者熊伸夫さんにお話を聞いてみました。

「人はそれなりに成長する」を理念とした採用と育成

株式会社Bright Side Studioの主な事業内容について教えてください。

コンピュータグラフィックスの企画や製作が主な活動です。ほかには、ゲームソフトウェアの開発やイラスト製作も行っています。

御社は経験者ばかりではなく、未経験の人材も積極的に採用されていると伺っています。そこには何か理念がおありなのですか?

理念というほど強いものはないのですが(笑)、昔から「人はそれなりに成長するものだ」という想いを抱いていますので、経験の有無にはあまりこだわりません。実際、私自身が新人だった頃も、経験なしで業界に飛び込みましたから。 また、たしかに経験豊富な人材は即戦力として頼りにはなりますが、時には、独自のクセがついてしまっていて新たな環境に適応しづらい場合もあります。そう考えると、経験者と未経験者は一長一短だと考えています。 もちろん技術的な基礎はあらかじめ求められることもありますが、社会人経験はなしでもまったく問題ありませんよ。そういった社会人としてのスキルは、入社してから我々と一緒に学んでいってくれれば大丈夫です。

なんだか、採用に関してはずいぶん大らかな印象を受けますが。

大らかというか、「考えすぎても仕方ない」というのが正直な気持ちですね(笑)。書類や面談だけで人間の全てを理解できるわけではありませんから。たとえば、「A社ではまったく力を発揮できなかった人でも、B社ではバリバリと大活躍できる」、というようなケースもあると思うんです。 ですから、事前にあれこれと注文をつけるよりも、その人のやる気や志向といった性格的な素養を重視したいと考えています。その人に向上心さえあれば、スキルは後からでもついて来ますから。

「行くのが楽しい会社」、Bright Side Studio

ところで、御社にはたくさん銃(エアガン、ガスガン)が飾られていますが、これはどなたのご趣味なのですか?

これは私も含め、スタッフ複数人の趣味です。置いてある銃も、私のものだけではなく各自の私物ですよ。会社のみんなでサバイバルゲームのチームを組んでいて、休日には一緒にゲームに参加しています。

それはやはり、スタッフ同士の親交を深めるためですか?

いえ、ただの趣味です(笑)。ですが、結果として社員同士のコミュニケーションを生んでくれているとは思います。 私は独立して会社を設立する時、「行くのが楽しくない」場所にはしたくない、と思っていました。と言うのも、ある知人から「毎日、出社する時には、“心”を家に置いていく」という言葉を聞いたもので…。つまり、彼は自分の心を押し殺しながら仕事しているということですよね。もちろん、時には嫌なことを我慢するのも必要かもしれませんが、私の作る会社は、「心を置いていく」必要のない場所にしたかったんです。 ですから、うちでは社員への束縛は可能な限り取り払っています。一例を挙げると、弊社では社員が遅刻をしても叱りませんよ。

えっ!? それはなんというか……いいのですか?

ええ。私自身、そんな事で叱られるのは好きではありませんので。自分が嫌なことは相手にもしません。 それに、仕事に対して責任感のある人なら、わざわざ叱らなくても常識的な行動を取ってくれますからね。そのあたりは、各自の判断に任せています。

なるほど。社員の皆さんに自己管理を任せているのですね。では逆に、忙しすぎて自己管理が難しい、ということはありませんか?ゲーム業界と聞くと、すごく忙しそうなイメージがありますが。

もちろん日々忙しくはしていますが、想定外の残業などは発生しませんね。と言うのも、セガを始めとした弊社の主要取引先はスケジュール管理がしっかりされているところばかりなので、想定外の事態は発生しにくいんです。 ですから、スタッフ一人一人の細かなスケジュールを弊社が管理することもあまりありません。期日通りにしっかりしたクオリティの成果物さえ作ってくれるのなら、細かなスケジュールは指定しませんね。でもこれが最も大変な事なのですが…

では、御社が求める人材像を教えて頂けますでしょうか。

先ほど申し上げた通り、束縛の少ない職場ですので、各自の責任感や判断力は求められますね。会社が細かく管理をしない分、自分でしっかりと予定や目標を立てられる方でないと務まりません。「『指示待ち人間』には仕事はできない」、というのはどこの職場でも言われるかもしれませんが、Bright Side Studioではそれがより色濃いかと思います。 自分の任されているプロジェクトと常に向き合い、「何がダメなのか」「どうすればさらによくなるのか」という問題意識や向上心を持ち続けられる人以外とは一緒に働く事は出来ないですね。

最後に、今後の御社の目標や展望を教えて頂けますか?

あまり何年も先の展望や目標は設けていません。ですが、現在は自社製のゲームタイトルでヒット作を生み出せれば、と考えています。 詳細はまだお話しできませんが、すでに弊社ではiPhone向けオリジナルタイトルを開発中です。開発が順調に進めば、年内には皆さんにお見せできるではないかと思います。 また、ゲームだけではなく、デジタルブック形式での絵本やイラスト集なども作ってみたいと考えています。 せっかく腕のいいスタッフが揃っているので、自分たちの活動の場に枷は設けず、いろいろなことに挑戦していきたいですね。これからもスタッフ一同楽しく頑張っていきますので、Bright Side Studioの活動に期待していてください。

株式会社 Bright Side Studio

  • 代表取締役:嘉者熊伸夫
  • 事業内容:
    • ゲームグラフィックの企画・製作
    • コンピューターグラフィックスの企画・製作
    • イラストレーション
    • グラフィックデザイン
    • ゲームソフトウェアの企画・製作
  • 所在地:〒112-0014 東京都文京区関1-24-10 上野ビル2F
  • URL:http://www.brightside-studio.co.jp
続きを読む