MENU

[Smile make smile]がモットー。 関わる全ての人たちを笑顔にしたい!

福岡
株式会社スマイルアカデミー 中込智喜氏・小原明人氏
 
リクルートジョブズ時代に訪れた福岡の地に魅力を感じ、地域活性のために「スマ学」と「スマ割」の両輪で新たな挑戦に臨む二人、それが中込智喜氏と小原明人氏です。福岡発のニュービジネスでアジア・アフリカマーケットも狙いたいというお二人に、今回はホンネをうかがってみました。 ※上写真 左:CEO/塾長 中込智喜さん 中央:エンジニア 主田英由樹さん 右:COO 小原明人さん

無料の塾(学童保育)で福岡の子供たちから教育格差をなくす!

お二人が福岡で起業された理由を教えていただけますか?

起業された頃のおふたり

起業された頃のおふたり

中込 私は山梨、小原は愛媛といったように、共に出身県という点で福岡に縁があったわけではありません。出身大学は共に早稲田、前身の企業も共にリクルートジョブズとなります。ただ私たちに共通していたのは、時期は前後しますがリクルートジョブズ時代に福岡で働いた経験があり、その土地柄に魅力を感じたことがスタート地点に福岡を選んだ理由となります。

小原 福岡は町の作りがコンパクトであり、中心部に施設や人が集まっていて、しかも人口も増えている都市です。しかし、一方でまだまだ発展途上の土地のため東京・大阪に比べると物価は安く、また人件費や施設の賃貸料も安く、起業をするには手頃な部分が目立っています。こうした諸々の魅力に加えてもうひとつ忘れてはいけないのが、福岡が中国・韓国を中心としたアジアの窓口になっている点です。私たちが福岡で成功させたビジネスをまずアジア・マーケットで試したいときに、福岡は情報の入手が容易で、また挑戦にも適した格好の舞台といえます。

スマイルアカデミーでは児童教育を主要事業としていますが、そこに注目した理由とは何だったのでしょう?

小原 もともと教育事業については中込がやりたいと考えていました。福岡は女性人口比率が高い一方で、シングルマザーの比率も高いという状況にあり、一般的な子育て家庭に比べると社会的に立場の弱い方々が多いのです。こうした人たちに共通しているのは、生きることに精一杯で子供の教育に目が行き届かないという部分であり、それはイコール子供たちの将来を塞ぎかねないということでもあります。

中込 世界の貧困の連鎖を例に挙げるまでもないですが、よい教育を受けるにはどうしても恵まれた環境が必要になります。昔の日本は一億、総中流と呼ばれたように誰もが一定以上の水準の教育を受けられましたが、今では貧しい国の人たちと同じように、お金持ちの子供が塾などに通って一流の大学・一流の企業を目指し、そうではない子供たちとの格差が広がっているのです。当然のように、その流れは次の世代にも引き継がれ、この「貧困の連鎖」が世帯を重ねる程自力で抜け出す事が難しくなりますので、この事態は今後さらに推し進むことはあっても、昔のように平等になっていくとは思えませんでした。では、その貧困の連鎖を断ち切るにはどうすればいいのか?私たちが起業に当たって考案した「スマ学」とは、子供たちに無料で学ぶことができる機会を与え、生きる力を身につける事で、自力で貧困の連鎖を断ち切ってもらいたい!という取り組みなのです。

無料の塾とは思い切ったアプローチですね

中込 塾(学童保育)が無料!ということもあり、最初は何か高いものでも売りつけられるのでは?なんて、問い合わせもありましたね(笑)。しかし、そういう疑いの目を持つ方々とも真摯に向き合い、こうした取り組みが単に社会的に弱い立場の人を救うだけでなく、学ぶ意欲と将来に希望を持った子供が次の福岡を担うといった点を説明すると、少しずつ耳を傾けてくれるようになり、本当は子供にこんな事をしてあげたい!こんな大人になって欲しい!等、相談してくれるようになりました。

小原 慈善事業ということであれば、NPO法人として助成金を受けるといった手もあります。しかし、私たちが株式会社にこだわったのは、ビジネスとして利益がでる仕組みをつくれなければ、おもしろくないですし、マネする人も出てこないだろうし、地域の活性化どころか、ずっと国のお金を使い続けるような結果になりかねません。このあたり、自分たちの取り組みを単なる自己満足にしたくなかったという面は大きかったです。

月500円利用できる福利厚生の仕組みが中小企業を活性化する

スマイルアカデミーでは「スマ学」のほかに新たな事業を展開予定のようですね?

小原 すでに今年の11/1から実稼働していますが、「スマ学」に続くプロジェクトとしてスタートしたのが「スマ割」となります。その内容は、従業員の方が誕生日、結婚、出産、恋人ができた時等に弊社から祝い金をプレゼントしたり、弊社が運営するサイト上に、施設や旅行等の様々なクーポンを掲載することで、スマ割の利用企業で働く従業員の方が福利厚生の一環としてお好みのサービスを活用できるようになるというものです。例えばクーポンを利用すれば、「スマ割」会員企業で働く方ならば通常1800円の映画鑑賞費用が200円となります。また有名レストランの飲食費や高級乗馬クラブの利用費などもグッと抑えることができるのです。「スマ割」の利用価格は社員お一人につき月500円となるので、社員数10~20名の企業様ならば月5000~10000円ほどでさまざまな特典を利用できるということになります。

中込 日本国内の企業は、その99パーセントが中小企業といわれています。日本を支える中小企業に活気がなければ、日本経済に明るい未来など見えるはずがありません。私たちが「スマ割」で目指すことは、福利厚生の仕組みを持たない中小企業に社員の活力を与えるツールをご提供することで、日々をよりよく過ごしていただきたいということなのです。

小原 「スマ割」ではクーポンの掲載費用をいただいていないので、今後も利用できる特典の種類は増える予定です。それは「スマ割」会員企業の皆さんにより魅力あるコンテンツをご提供できるということになります。クーポンの掲載企業様、そのクーポンを利用する会員企業様、また会員企業で働く社員の皆様という3者間でWin-Winの関係を築く「スマ割」は、社会的に立場の弱いお母様方を支える「スマ学」と同じように社会を底上げするプロジェクトとして今後も大事に育てていきます。

中込 私たちとしてはまだ十分に案内をできているわけではありませんが、今後はユニークな企画を数多く提供する事で、ほかの企業とのリアルな接点をもてる場を多く創出し、中小企業の連携にも生かせればと考えています。面識のない企業同士に接点を作ることが、あるいは新しいサービスや事業の誕生に結びつくかもしれません。その機会を育むことにスマイルアカデミーは貢献したいのです。

社会の役に立つことをお客様も、自分たちも、楽しめるビジネスに!

今後の目標や展望などについて教えてください

中込 私も小原も「社会の役に立つ」という点で手がけたいことはいくつもあるのですが、スマイルアカデミー自体は今年6月に設立したばかりの新しい企業であり、これから福岡の地に根を下ろしていかなければなりません。まずは「スマ学」と「スマ割」、また「スマ学」を利用されるお子様を持ったお母様方に向けた人材紹介事業の3つを事業の柱として、新たに迎える仲間と一緒に事業展開をしていく予定です。そして福岡で3つの事業に対する手応えが得られれば、次は四国・中国地方といったようにビジネスエリアを拡張していきます。最終的に国内である程度の成功を収められたら、そこで培ったノウハウをアジア・アフリカマーケットで展開したいですね。日本ホスピタリティやサービス精神は世界水準にありますから、国内で育んだ福利厚生の概念をインドやアフリカなどに持ち込めば、面白い化学反応が生まれるのではないかと期待しています(笑)

小原 「スマ学」も「スマ割」も弱い立場の人を救うという点で目的が一致しています。もし今後も新しい事業を創造するのであれば、この基本路線に則ったものになるでしょう。ただ、私たちは社会的弱者を支えるという慈善事業の精神をモットーとしても、決して保守的な堅苦しさでビジネスと取り組みたいわけではありません。「スマ学」であれば子供と一緒に勉強をするだけでなく、その中に遊び・スポーツを盛り込むことで子供たちを生き生きとさせたいですし、「スマ割」のクーポンであれば自分が欲しいと思うものをサービスに取り入れてもいいのです。大事なことはお客様や子供たちだけでなく、自分も楽しむことであり、それができるのであれば私たちの仲間になることは決して難しいことではありません。

今、スマイルアカデミーでもっとも欲しい人材はどのような方ですか?

smile rogo

中込 先に小原が触れたこととも似てきますが、自分自身も含め、関わる人みんなを笑顔にしたい!という考えに共感できる人です。ただ、真面目に考え過ぎると私も新しく仲間になる人も疲れてしまうので、そこは自分のペースを保ち、長くビジネスを楽しめる人であれば心強いですね。

小原 当社は生まれたばかりの企業であり、発信すべき情報も媒体もこれからどんどん増やしていかなければなりません。しかし、実際には表現の面でまだまだ至らないと感じる部分が多々あるのが現状です。私たちのやりたいことを言葉やWeb・デザインなどで表現するという意味で、クリエイターの方にも参加を願えればと考えています。

取材日:2013年10月18日

株式会社スマイルアカデミー

  • CEO:中込智喜(なかごみともき)、ムキムキ型COO:小原明人(おはらあきひと)
  • 設立年月:2013年6月
  • 事業内容:スマ学、スマ割、人材紹介、HP制作・改善、対人スキル研修、運動神経開発
  • 所在地:〒814-0005 福岡市早良区祖原2-8 第2天野ビル1F A-3
  • URL:http://smile-make-smile.com/
  • スマ割:http://www.sumawari.com/
続きを読む

関連記事

風雲会社伝をもっと見る